アクアリウムって手間のかかるもの、メンテナンスが大変。

水が臭い、生き物の世話が出来ない、場所がない、、、などなど

沢山の障害があると思います。(私はあまり感じませんでしたが。笑)

何も知らない人に少しでも興味を抱いて頂けるよう、

あくまでも個人的な考えで、

私がお勧めするアクアリウムの始め方をご紹介致します!

今回お勧めするのは私が一番よく使っている、

30cmキューブ水槽です。

なんで30cmキューブ水槽がいいのか。
メリットデメリットでご説明したいと思います。

メリット
・場所を取らない。
サイズが横幅30cm奥行き30cm高さ30cmなのでちょっとお部屋掃除すれば作れるスペースではないでしょうか。

・小さい割に水量が多い
水槽って生き物を入れるので、水質が大切なんです。30cmキューブ水槽なら最大25L(さすがに満水迄入れることはありませんが。)入るので小型水槽の中でもある程度水量が確保出来ます。
水量が多い分、水質が安定し易い(大きく崩れにくい)のでこれ以上小さな水槽だと初めての方は水づくりが上手に出来ずリタイヤされてしまうかもしれません。

・どんな魚でもある程度飼育出来る
どんな魚でも言いましたが、エンゼルフィッシュなどの大型化する魚は飼えませんごめんなさい...
(エンゼルフィッシュを適した環境で飼育してあげるには90cm以上の水槽が必要になります。)
それでも十分、ネオンテトラは勿論のことドワーフグラミーだって飼育することが出来ますよ!

・お手頃価格。
趣味事にはやはりついてまわりますお小遣い。
アクアリウムってお金かかるんでしょう?
って思われる方多いと思いますが水槽って実はそんなにしないんです。
30cmキューブであれば(ADAとかのを選ばなければ)2,000~3,000円で購入可能です。

・お洒落。
真四角の水槽って、水が入って照明付けるとあら不思議。
インテリアにぴったりなんです(個人の主観)!
その中で熱帯魚がキラキラと泳ぐ姿を見ながら晩酌なんて...
時間を忘れてしまいますよ...

デメリット
・大型魚を飼えないことくらいしか見つからない...!!!
ホントに個人的な意見ですが、
今私が30cmキューブに対して抱いている不満はエンゼルフィッシュが飼えないことです(こりゃしょうがないけど)。
レイアウトだって意外と楽しめます。
レッドビーシュリンプだって育てること出来ます。
じゃあ何が出来ないって?

エンゼルフィッシュは飼えないの!!!

私は以前狭ーい60cmスリム水槽でエンゼルフィッシュを飼育していたことがあるんですが、
エンゼルってすぐ大きくなるんですよ。
その後試行錯誤しましたが、
泣く泣くショップで引き取って頂くことになりました...

皆さんにはこんな悲しい思いをしてほしくないので30cmキューブでエンゼル飼育はお勧めしません。

でも大丈夫他にも魅力的な熱帯魚は沢山居ますから安心して!

っというのはまた別の記事でご紹介出来ればと思います!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事