マダガスカリエンセ胞子培養株の記録。約1カ月後。

マダガスカリエンセの胞子培養株をお迎えしてから約1ヶ月。

 

あ、胞子培養株と言っていますが、

勿論自分で胞子培養したわけではないので、

勘違いされないようにご注意ください。笑

これは胞子培養された小さな株を購入してからの記録です。

 

前記事

①2018/03/16 ワイルドリドレイとマダガスカリエンセ。

②2018/04/07 マダガスカリエンセ胞子培養株の記録。

 

さて、↑の②の記事からまだ20日しか経ってませんが、

そんなに変わるのかっと...

 

②の最後の写真がこちら。

↓4/6

①が前記事の最後の紹介した新芽です。

そして20日後。

 

↓4/26

 

①の成長は目測4cmで停止しましたが、

次の新芽②がわずか20日で一回り大きく成長してくれました。

下葉はどんどん枯れこんでいきますが、

新芽の展開スピードを考えると当然のことのように思えます。

水遣りは毎晩貯め水にドボンしています。

湿度も高めなので水切れは確実に起こらない環境です。

 

余談ですがこっそりと水苔にリシアをばら撒いたので、

水苔がじわじわと緑に染まってきました。笑

マダガスカリエンセの凸凹貯水葉が拝めるのはいつになるかな。

この子の記録は面白いので細めに付けたいと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事