ビカクシダ・ダウボーイが動き出した。

ビカクシダ・ダウボーイが我が家に来てから1ヶ月が過ぎました。

2018/04/06 ダウボーイとキッチャクードがやってキタ。

 

↓仕立て直後。

展開途中だった胞子葉は満足とはいかないものの、

まずまずその手を伸ばしてくれました。

↓1カ月後。

角度違ってごめんなさい。w

 

1ヶ月経ち、

少しずつこの子の育て方も分かってきたような気がします。

 

マダガスカリエンセのハイブリット種なので、

水は乾ききる前、

どちらかといえばまだ湿ってる、

けど、

バスケットを持つと少し軽くなっている。

そんなタイミングでたっぷりお水をあげています。

なのでコンポストはいつも湿っている状態に近いです。

これが普通の植物ならすでに根腐れで枯れているはずです。

 

これが良いのか悪いのか。

それはまだわかりませんが、

先日ついに新芽を確認出来ました。

すでに分岐した新芽が生長点から顔を出しています。

 

この新芽が満足のいく生育をしてくれたら、

根腐れの心配はないと判断し、

今の管理方法を貫いていくつもりです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事