マダガスカリエンセ胞子培養株の記録。約2カ月後。

マダガスカリエンセの大株を夢見るそんなブログです...

 

前記事はこちら↓

前記事

①2018/03/16 ワイルドリドレイとマダガスカリエンセ。

②2018/04/07 マダガスカリエンセ胞子培養株の記録。

2018/04/27 マダガスカリエンセ胞子培養株の記録。約1カ月後。

 

以前木製バスケット仕立てにし、

その後水槽台の中で超過保護に管理していましたが、

このままでは真夏の蒸れでやられること間違いなし!

と思ったので株の状態を見つつまたも植え替えることに。

 

↓前回の記事最後の写真。

 

次のお引越し先は以前ちょろっと書いたこともあるコイツ。

自作の木製フレームです。

マダガスカリエンセの写真をネットで検索すると、

よく苔と共生している写真があります。

おそらくそれは、

多湿環境で育てたから自然と苔が生えてきたんだと思いますが、

その苔との共生がカッコいいことなんの...

 

苔とマダ

一緒に鑑賞出来たら素敵じゃないの。

っという憧れから、

初っ端から苔を盛り込んだ仕立てにしてみました。

 

作業中の写真はありません。

(余裕ありませんでしたw)

 

↓5/11

 

個人的には結構よく出来た!と思っています。

これも網付けの応用で、

水苔の上に苔を乗せて網で押さえつけています。

 

ちなみにこの木製フレームには、

吸水と排水の穴を設けています。

しっかりと水の通り道を作ってあげることで、

水が停滞をなくし、根腐れ防止に繋がると思った訳です。

水遣りは貯め水で毎日してます。

 

そしてまだ子株なので更に過保護な管理をするために、

こんなもの作りました。

マダ専用簡易温室です。笑

上と下は大きく開口しているので通風も確保しています。

 

ホチキスと針金とビニール袋を切って、

作った簡易的なものですが、

湿度80~90%で保てます。

まだまだ子株のうちは過保護に行きますヨ。

成長に連れ、徐々に常湿に慣らしていこうと思います。

 

そして、

苔フレーム仕立てにしてから1週間。

 

↓5/17

無事に新芽も展開しております。

葉っぱが少しデコボコしてきたような...!

 

↓3/16 購入時。

この頃から比べれば、

少し安心して見ることが出来るようになりました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事