ビカクシダの上下を確認しよう!≪ビカクシダの板付について≫

実はとある梅雨のある日。

私、ヤフオクでまたビカクシダをポチっていました。

今回はシンプルに板付です。

種類はP.stemaria cv.Laurentii。

 

久々に(っと言いつつちょこちょこやってますが)、

板付しましたので、

ビカクシダの上下について記事にしてみたいと思います。

 

1.ビカクシダは板付がベスト。

ビカクシダは自生環境では樹木に張り付いているので、

観葉植物としても鉢植えで育てるより、

板付してあげた方が育てやすいです。

っというかそうしないと我が家では猫に喰われるので、

板付せざるを得ない状況なんですがね!笑

 

2.植物の上下。

鉢植えで植物を育てていると、

全く意識しませんが、

植物には上下があります。

 

例えば私が最近購入したウンベラータだと、

上向きは下の画像のようになります。

これは当然のことのように思えますが、

何故この向きが上なのかというと、

ここに生長点があるからなんです。

 

普通の植物ならこのように一目瞭然ですが、

ポットで売られているビカクシダは、

上下の判断が難しい場合があります。

 

2-1.ビカクシダの上下。

ビカクシダの上下を確認するときも、

生長点(新しい葉を展開するところ)を確認します。

下の写真のように株元にあるモサモサしたのがビカクシダの生長点です。

生長点が上を向くように板付してあげるとビカクシダの上下が整います。

上を確認出来たら念のため下向きも確認しておきましょう。

↓ココは生長点がありませんよね。

こちらは下向きで間違いありません。

 

2-2.生長点を上にしたら形がおかしくなっちゃった!

っということもあります。

しかしこれは上下がないポットで育ってしまったため、

ついてしまった癖なので、

板付の際に矯正しましょう。

最初は見栄えが悪くても、

ここで直しておけば後で見違えるほどかっこよくなるはずです。

 

3.ポット苗の注意点。

ホームセンター等でポット販売されているビカクシダは、

1ポットに1株以上密生していることが多いです。

この場合綺麗に育てたいのであれば、

1つ1つ丁寧に株分けしてください。

株分けするときは、

生長点を傷つけず、

ある程度根っこを残してあげるとその後の生存率が上がります。笑

 

ワイルドに育てたいよって方は、

そのまま板付しちゃっても構いません。

時間が経てば、

一番調子のいい株が小さい株を飲み込んでいくかもしれませんね。

 

4.こんな感じでイイかな。

またビカク買いやがったよコイツ!

っと思われそうなので、

買ったことを濁すために、

ビカクの上下を説明してみましたが、

こんな感じでイイかな?

 

5.ビカクについて。

そういえばビカクについてっという、

ビカク専用ページを作りました。

暇な人はご覧ください。笑

INDOOR HOBBIES
1970.01.01
INDOOR HOBBIES
毎朝7時に更新しています。素人園芸の備忘録ですので、話半分で楽しんで読んで頂ければ幸いです。
続きを読む。

 

6.まとめ。

・ビカクシダの上下は生長点を見よう。

・生長点は葉っぱが出てくるところ!

・株分けは慎重に!

・ビカクのページ作ったよ!!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事