ビオトープのガジュマルを救え!≪ガジュマルを根上がりに植え込み≫

あっという間に8月ももう数日。

ビオトープには玄関アクアテラに植えこんでいたガジュマルが猫にやられ、

一時的に避難しておりました。

 

でも今のうちに室内に避難出来るようにしてあげないと冬場調子を崩してしまう...

 

1.ビオトープのガジュマル。

ガジュマルは元々水がとっても好きな植物なので、

ハイドロカルチャー的な育て方でも十分楽しめる植物です。

夏場は屋外にビオトープに転がしておけばこの通り...

とっても元気にぷりっぷりな葉っぱを展開してくれますよ!

そしてこれ、植えこんであるわけではなくて、

水辺にポンと置いてあるだけなんですよ。

だから移動もらくらく。

スバラシイ!

 

2.鉢に植えこもう。

ビオトープごと室内には取り込めないので、

ガジュマルさんだけ室内に移動できるように鉢に植えこみます

用意したのはこの鉢。

せっかく室内に避難するのでお洒落にしようと思い、

シックなお洒落鉢を買ってきました。

 

3.根上がりに植えこみました。

普通に植えこむだけでは面白くないなと思い、

ガジュマル特有の肥大化した根っこをがっつり外に出す形で植えこんでみました。

どうよ!カッコいいでしょこれ!

っと言えるほどカッコよくはないんですが、

やはり根っこを出してあげると自然味が増して、

ちょっと見応えが出てきますね。

私いつも癖で沢山用土を詰め込んでしまいます。

ウォーターポケットがありませんよ。笑

 

4.ガジュマルとのお付き合いも4年目。

実はこのガジュマルは100均で購入したものですが、

もう4年目のお付き合いとなりました。

この子からあの挿し木が産まれ、

時にはテラリウムで一役買ってもらったり、

色々な出来事を共にしてきた愛すべき植物です。

 

5.まとめ。

・ガジュマルはビオトープにもテラリウムにも使える万能プランツ!

・100均のガジュマルでも楽しさ無限大!

・猫にもめげず4年目突入!

 

ガジュマルにはキジムナーという妖精が宿ると言われていますが、

うちのはどうだろう。

猫にやられることも多いので...

室内避難するときは猫にやられない場所を模索したいと思います...

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事