ビカクシダの胞子培養≪72日目≫

ビカクシダの胞子撒きをしてから72日目。

中途半端な日数での記録ですが特に意味はありません。

前記事はこちら。

 

1.1ヶ月目と現在(72日目の姿)。

まずは前回の記事から1ヶ月目の姿をご覧ください。

↓1ヶ月目

↓そして72日目。

全体的に緑になってきました。

胞子を蒔いたであろう場所、

撒かれなかった場所がくっきりわかるようになりましたねw

1-1.管理。

写真を撮る用がなければタッパーもあけませんし、

霧吹きも一度もしていません。

変わらずLEDを光源とした管理です。

つまり完全に放置しています。

 

2.中心部がカビてきた?

実は以前から気が付いていたことなんですが、

中心部がカビ?てきています。笑

一時はもっとくっきりカビていました。

広がるようなら取り除こうと思っていたんですが、

胞子が盛んに芽吹いてきたらカビ勢力は衰退していきました。

中心部は最初一番緑がかったところだったんですが、

今では一番具合の悪いところになりました。笑

 

3.前葉体のようになってきた。

よく目を凝らして、

更に近づいて観察すると、

シダ植物特有の前葉体のような姿になってきたように思えます。

確実生長している証拠ですね。

概ね順調です!

 

4.まとめ。

今更ですが、

胞子で増やせるってすごい面白いです。

もうすぐまたリドレイが胞子をつくりそうなので、

胞子が取れ次第胞子培養していこうと思います。

そしてゆくゆくはリドレイを庭木に括りつけ、

リドレイの木を作り、

リドレイの木を囲うように温室をぶっ建てることが当面の目標です夢のまた夢のまた夢の彼方)。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事