ビカクシダ・リドレイ(山採り)の成長記録、6ヶ月目。

夏が来る前に記録を付けていた株のその後の記録です。

あのみすぼらしかった株も無事に夏を越し、

見違える程カッコよくなってきました。

前記事

 

1.半年前と現在。

横浜のエアロファイトで購入したリドレイワイルド株。

ミャンマーの山から我が家にやってきたのです。

↓2018/3

元々アクアリウムで使っていた流木に仕立ててみました。

初め2,3カ月はなかなか馴染みませんでした。

委縮した胞子葉ばかりの展開でした。

 

そして半年後現在。

↓2018/9

シールドを2枚展開し、

やっと見応えのあるリドレイになってきましたヨ!

 

2.流木への着生も成功。

このリドレイは板付やコルクではなく、

流木に付けているので少しワイルドな雰囲気です。

コンパクトな仕上がりで場所を取らないのが気に入っていますが、

しかしシールドの展開具合を見ると、

もう少し大きな流木でも良かったかなーっとも思います。

 

3.次は胞子葉。

順序良く、シールドを2枚展開したら、

お次は胞子葉のようです。

理想的な展開です。

今までは委縮気味の胞子葉しか確認出来ていなかったので、

やっとこの子の本領を垣間見ることが出来ればいいなと思います。

 

4.まとめ。

リドレイは胞子培養株も育てていますが、

比べると微妙に色味が違ったりして面白いです。

どんな胞子葉を展開してくれるのか、

これがまた楽しみですね。

冬場はリドレイにとっては辛いシーズンですが、

なんとか冬越しさせてあげられればいいなと思います!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事