ビカクシダ・ビーチーは秋に貯水葉を出しやすい?≪P.veitchii≫

本日は水槽引っ越し記事をお休みして、

また草記事です。

 

1.ビカクシダ・ビーチーの貯水葉。

10月に入り、かなり冷え込んできたので、

ビカクシダもビフル以外は全部室内に取り込みました。

するとビカク玉に仕立てたビカクシダ・ビーチーが超元気!

 

そしてビーチーは毎年この時期にならないと貯水葉を出してくれません。

例によって今年も秋に入り貯水葉展開中です。

親株も子株も全部いっせいに貯水葉のターン!

何故だかわかりませんが、

ビーチーは秋にならないと貯水葉を出してくれません。

ビーチーを育て始めた頃は、

あまりにも貯水葉が出ずかなり心配していましたが、

秋になると途端に貯水葉を出し始めました。

 

もしかするとうちのビーチーだけに限ったことなのかもしれませんが、

これだけ胞子葉と貯水葉のシーズンがはっきりしているのはこの子だけです。

 

何故だか理由はわかりません...

どなたがお詳しい方教えて頂きです。

 

2.貯水葉がビカク玉を完成に近づけてくれる...

ビカク玉に仕立てたものの、

春夏は胞子葉しか展開しなかったので、

未だに水苔が丸見えのビカク玉でしたが、

やっと貯水葉がその形を作りだしてくれそうです。

白く、美しい球体への道をひた走る!

これから子株は飲まれ飲み込みを繰り返していくんだろうけど、

フリーダムに、

ワイルドに、

育てたいと思います(放置プレイ)。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事