ディッキア・ダコタが真っ赤に染まってキタ!≪dyckia”dakota”≫

暑くもなく寒くもなく、

ホント、秋って最高です。

が、なんとなく鼻がむずむずします。

え?これって秋花粉?

春花粉持ちなのに秋も...?

 

 

1.ディッキア・ダコタの3か月後。

7月に購入した時のダコタの姿はこちら。

↓7/27

小さな鉢に2株入ってましたので、

後日小さい方を植え替えました。

 

ダコタは赤が強く出る種類なんだそうですが、

まだ小さい苗だからか、

季節的なものか、

赤い!っというより中央の部分ちょっと赤みを帯びてるね?くらいです。笑

 

1-1.3か月後現在。

そして現在...

↓10/27

中央の部分めっちゃ赤い!w

写真では伝えられないのですが、

この赤味がホント美しいんです。

ずっと見ていられます...

 

2.株の生長と共に赤く染まるのか。

しかし小さい方の株は...

まだまだ緑です。

まだまだ小さい株だからでしょうか?

 

左のダコタも購入時はパッとしない赤だったので、

小さい子も今後赤く染まることに期待です。

 

3.まとめ:ディッキアは真夏も直射も余裕!

今年の夏はめちゃめちゃ暑くて大変でした、

勿論日差しも半端じゃなかったんですが、

ディッキアは焼けることも何もなく、

水遣りをガンガンしても根腐れもない!

超強健種なんですねえ...(恐ろしいくらいに)。

触ると痛いし...

カッコよすぎますってホントもう...

シビレマス!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事