鳥の巣箱をDIYしてみた!≪庭に鳥を呼ぼう!≫

秋になり、

夏場は絶好調だったカブトムシネタもなくなり、

そろそろネタに困ってきたなという時、

水槽台を解体して出た木材を眺めていると、

庭先で鳥がちゅんちゅんとさえずっている...

 

「鳥か...鳥飼ってみたいな...でもそんな余裕ないしな...

そうだ!でも野鳥なら!

鳥の巣箱、、、作ってみるか!」

っという考えに...

 

1.鳥の巣箱に使う材料。

目を付けた木材は、

パイピングスペース隠しで使っていたヒノキの集成材。

わざわざ材料を買いに行かなくても、

水槽台で使っていたものだけで作ろうと思います。

 

板の厚みは8mmなので少し心もとないですが、

ヒノキだし、リサイクルだし、ま、いっか!

 

1-1.イメージ図。

鳥の巣箱って皆さんどういうものを連想されますか?

私はこんな感じです。

ただの木箱に穴が空いていて、

雨よけの蓋がついてるような感じです。

個人的にはこれが鳥の巣箱のスタンダードなのではないかと思っています。(適当)

 

2.あっという間に完成しました。

いざ作ろうと決意したら、小一時間で完成してしまいました。

ボンド等は使わずビスで留めただけです。

※木工用ボンドは水に弱いです。

 

適当なホールソーで穴をくり抜いたんですが、

穴の直径は直径3.5cmでした。

 

2-1.水抜き穴が必要。

作った後に、

鳥の巣箱について少し調べてみると、

どうやら水抜き穴が必要なんだそうです。

そりゃそうだ。

蓋があるといっても、

気密性が高いわけではないので雨水が入り込みます。

っということで底に穴を5つ空けました。

 

2-2.蓋は金具で固定する。

そして蓋は金具で固定してあります。

蓋が固定されていないと、

カラスが来て開けてしまったり、

強い風で蓋がパッカーン!してしまうようです。

ちなみにこの金具と蓋の蝶番は、

水槽台の扉部分に使っていたものを流用しました。

 

3.まとめ:失敗を隠しております...

蓋の下に茶色の木材があるかと思いますが、

実はこれ、

上手にカット出来なかった部分を隠しておりますw

いやね、この方が隙間風も入らないでしょうし...

鳥さんたちもきっと喜ぶよね...?

 

今度は設置です。

どこに設置しようかなー!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事