火星人(フォッケア・エデュリス)、2年後の姿。≪塊根植物 ≫

実はこんな植物育ててましたよシリーズ...

火星人。

なんじゃそりゃっと...

 

1.火星人(フォッケア・エデュリス)とは。

火星人、又の名をフォッケア・エデュリスという植物は、

今巷で話題の塊根植物に分類されるガガイモ科の植物です。

 

塊根植物は貴重で高価なイメージが先行しがちですが、

火星人は比較的流通量が多くて、お値段もお手頃価格で購入できます。

ちなみに私はホームセンターで500円で買ったような...(うろ覚えw)

実はこんな植物も持ってたんですね私。

 

2.火星人の購入時と2年後の今。

火星人を購入したのは2年前の8月のことでした。

google photoを漁ってやっとの思いで写真を見つけましたよ...

 

↓2016/8

 

いつだか一度植え替えをして、

もうほんっと放置。

日当たりも風通しも水遣りも忘れた頃に...w

放置して2年。

その姿は変わったのかといいますと...

 

↓2018/11

幹が1回り大きくなったような!!(気がします!)

葉っぱはすっかり徒長してるけど、

地味に生長を遂げているようです!笑

 

3.管理方法(放置方法)。

2年(一応)育ててきて感じたことは、

火星人は非常に強い植物だということです。

冬は室内で管理し、落葉したら断水放置、

春夏秋の水遣りは忘れた頃で。

 

っとこの2点を守れば問題なく育てられると思います(実体験)。

火星人は水が欲しいと、

芋部分(塊根)が柔らかく萎れてきますので水遣りタイミングが一目でわかります。

萎れてきたら水をやると翌日にはパンパンに塊根が膨れ上がるので水を吸ったことも一目でわかる面白い植物です。

 

4.まとめ:来年は植え替えます。

今年はすっかり放置してしまったので、

鉢の底を見ると根っこが出てきてました。

結構太い根っこですね。

来年は植え替えして、

ちゃんと日に当てて育ててあげたいと思いますw

 

5.火星人をコルク仕立てに。

実はその後私はこの火星人をコルクに仕立て、

壁掛けにして管理しております。

紆余曲折ありながらなんとかこのコルクで管理して1年以上経過しているので、

火星人のコルク仕立ても「あり」ですね。

普通に鉢で仕立てるよりもカッコよくて圧倒的に見応えあります。

コルクの選定など難しいところもありますがおすすめしたいです。

やろうと思えばどんな植物でもイケちゃいますw

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事