交配成功か!?チランジアがシードポットを付けたよ!≪チランジアの交配≫

遡ること5カ月前。

あの暑い夏の日。

たまたま同時期に、

異なるチランジアが2株開花しておりました。

 

お、、、これはもしやあれのチャンスか...?

 

1.2つの開花株。

っといってもチランジアの交配なんてやり方すらわからない。

↓開花し、花粉をばら撒くブラキカウロス

 

交配=雄しべと雌しべをごっつんこ。

 

っという浅はかな知識しかない私。

 

↓もう一つの開花株はカプトメデューサエ。

うーんどうしてくれようか...

 

2.(超適当な)交配手順。

そこで私が思いついた交配手順は...

 

雄しべ(どこ?)と、

雌しべ(どこ?)を、

 

ゴッツンコー!!!

↓2018/7

まるで一夏のアバンチュールでございます。

そして交配???終了です。

 

3.そして5カ月後現在。

12月に入り、

チランジア達は室内管理に移行しております。

 

交配?したことなんてすっかり忘れ、

花茎をがっつり切られたカプトメデューサエ。

子株を出しています。

 

そしてブラキカウロス。

こちらは子株を2つ付けております。

 

そしてよく見ると...

 

3-1.シードポット発見!!

まっさかー、

まっさかー、

受粉なんてしていないと思ってましたよ!

でもね、

これぞ受粉の証...!

 

シードポットです!!

実は以前からこいつなんか出てきてるな??

なんて思っていたんですが、

まさかシードポットだとは思ってませんでしたw

何故か最近にょきにょきと伸びてきたのです。

 

3-2.シードポットとは。

受精によって、膨らんだ子房。seed pot
ラン科植物の場合、子房は完熟すると褐変して自然と裂ける(⇒完熟裂開、裂開果)。そして、子房は花茎にぶらさがったまま、中にある種子が風に乗って飛んでいく。

出典元:らん用語 Weblio辞書

つまりシードポットが出来る=種が出来るということです!

雄しべと雌しべがごっつんこしたから受粉して種が出来たんです(しつこい)。

 

4.チランジアは自家受粉しない??

交配成功だ―!

なんて喜んでいますが、

もしかしてこれ自家受粉じゃないの??

っという疑問も浮上してきました。

 

早速調べてみると、

植物を愛するサイトLOVEGREENさんの記事にこんな記述が...

エアプランツはどんな種類でも花を咲かせますが、基本的には自家受粉(自分の花粉と雌しべで種を作ること)はしないんです。

出典元:LOVEGREEN https://lovegreen.net/airplants/p97967/

 

ほう。。。

自家受粉、、、しないんですね??

一部自家受粉をし易い種類などもあるそうですが、

基本的には自家受粉しないそうです。

 

つまり、私のこいつは交配した説に信ぴょう性が増してきます。笑

 

5.まとめ:結局実生しないとわからない!

交配出来たかどうかは、

結局播種して実生して育ててみないとわかりません!

もし万が一交配が出来ていたら、

ブラキカウロス×カプトメデューサエが爆誕するのですが...w

真相がわかるのはまだ数年先のことでしょう...笑

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事