霜が降りても全然平気なアガベ!≪A.angustifolia var. marginata≫

年末年始、

日中は日が出てかなり暖かくなりましたが、

気温を見ると夜間は氷点下が続く毎日でした。

 

今年は外に出しっぱなしのアガベを少し心配しつつ...

↓前記事

 

1.霜にも負けないアガベ。

年末年始氷点下が続くものだからさすがに、

これって大丈夫なの??

アガベは?っと見てみると...

あーもう、

全然平気!笑

 

冷害なんてどこ吹く風。

アガベって強いんですねえ...

ビオトープ凍ってまっせアガベさんってば...

こりゃ雪にも耐えられるのかしら...?

 

1-1.凍り付くビオトープ...

今朝家を出ると、

まず目に飛び込むのが氷の張ったビオトープ...

葉っぱも枯れていてお見苦しいところなんですが、

それよりなにより水面全体に張る氷...

氷の下にはメダカいるんですが...無事でしょうか...

全盛期がもう思い出せない...

 

 

2.アテナータ系は夜間取り込み組。

アングスティフォリアは霜が降りてもへっちゃらそうですが、

こちらはそうはいかないアテナータ。

左 アングスティフォリア

右 アテナータ(斑入り)

 

彼らは氷点下になると痛み始めるそうなので、

夜間せっせと取り込んで、

早朝ささっとお外に出してあげています。

 

これでなんとか冬場も成長中...

徒長しなければいいんですが...

左 アテナータ・ボーチンブルー(夜間室内)

中央 アリゾナスター(屋外)

右 アテナータ(夜間室内)

 

アリゾナスターも変わらず屋外ですが、

まだまだ大丈夫というか、

全然平気そうです。

 

3.まとめ。

耐寒性が高いとは言っても、

さすがに痛みは出るだろうと思っていたんですが、

今のところ氷点下でも生長しているようなので、

雪が降るのが待ち遠しい今日のこの頃です...w

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事