ビカクシダ・リドレイ(山採り)の冬。 ≪成長記録10ヶ月目≫

最近ちょこちょことDIYしているものがあるのですが、

ノコギリで切る作業が多くてたぶん明日は筋肉痛になるでしょう。

 

↓前記事

 

1.4カ月前と現在。

この山採りリドレイの記録を付けたのは4カ月前。

この時の姿はこちら。

 

↓2018/9

 

これから本格的な冬になり、

生育具合はというと?

 

↓2019/1

 

うーんまずまず。

 

1-1.最低温度。

リドレイは最低温度に煩いビカクシダですが、

我が家の最低気温は今年13℃を記録していました。

なんとかやっていけるかなってくらいの温度ですね。

実際にじわじわとですがリドレイも生長しています。

 

2.新芽の生長がストップ。

途中で展開をやめてしまいました。

 

原因はおそらく水不足

冬場なので辛めの管理をしたんですが、

思いのほか生長するつもりだったようです。笑

 

新芽も出ています。

うん、もっと水をあげよう。

 

3.まとめ:冬場でも成長していれば普通の水遣り間隔で...

冬は生長が緩慢になりがちですが、

必要最低限の温度や光があれば彼らは生長します。

ここで私のように辛めの水遣りをしてしまうと、

葉っぱが展開しきらず↑のような状態になってしまいます。

だからこそ、

植物は細目に観察して状態を知っておく必要があるのですね!

ベンキョウニナリマシタ!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事