SPF材で焼き板を作ってみた。≪ビカクシダの着生材DIY≫

らん展で購入したビカクを株分けしたら10以上の株を採れたので、

ものすごいスピードで板付しました。

ビカク板付選手権があれば、

割と良い方行くんじゃないかと思います(知るか)。

 

↓関連

 

1.SPF材を焼き板にしてみよう。

らん展の翌日。

この日もおやすみだったんですが、

前日の疲労感をぬぐい切れず少しの買い物を済ませた後、

家で悶々としていたら、

「火でも燃やそう。」

という野性的な思い付きで急遽着火。

ちなみに我が家の燃焼室はコレです。

 

そしてこの日は昔DIYしたものを破壊して放置していた1×6のSPF材を焼いてみました。

 

2.上手に焼けましたあ!

程よく焼けたSPF材を取り出し冷まします。

ちょっと焼き過ぎたような...

 

焦げた部分を鉄たわし的なもので削いでいきます。

楽しいなあこの作業。

めちゃくちゃ手が黒くなるし、

後で鼻かんだら真っ黒な何かが出てきました(汚)。

 

2-1.水洗いして...

削ったままの状態を手にとると、

手が真っ黒になってしまいますので、

一度水洗いして、

この後更に水拭き、

そしてトドメのから拭きをしました。

 

3.焼きSPF板完成!

焼く工程にバーナーを使わず、

豪快に焼くことで大きく時間短縮です。

あっという間に出来ました。

いつもは面倒臭くて焼かずに板そのままを使っていましたが、

焼き板はそれだけでいい味出してくれます。

 

試しに焼き板に付けたビカクをご覧ください。

良いですね。

焼くことで板も軽くなって扱いやすいです。

 

さて、

↑のビカクはらん展で購入したグリーンビーチーという子なんですが、

この子についてはまたの機会に...

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事