コウモリランをコルク付けにしました。≪付け替えまくりのビカクシダ≫

暖かくなったと思いきやまた寒い!

昼間は車内で暑すぎて冷房を付けるレベルの暑さから、

夜は寒すぎてホットカーペットを付ける始末...

辛いです!

 

↓前記事。

 

1.板付からコルク仕立てに。

もうこの子は何回仕立て直しているやら...

3月というのに早めに外に出していましたが、

さすがに葉っぱが痛んできましたw

葉焼けっというか冷害っぽいですね??

 

でも生長点は新芽を展開させています。

強いなあ...

 

そんなこの子ですが、

ふと外で眺めていると着生している板が気になり、

もっとカッコいい着生材に付けてあげたいなーっと思いました。

毎年のように付け替えていて可哀そうなので、

これで最後の付け替えにします!

っということで用意したのはらん展で購入したデカコルク。

 

1-1.70cmのコルクです。

元々は1m越えのコルクでしたが、

ちょこちょこ使って現在長さ約70cm。

最高にカッコいい着生材です。

 

2.付け替え完了!

貯水葉も十分発達しているので、

付け替えもパパッと終わりました。

このサイズのコルクだったら貯水葉に覆われるということもないでしょう!

贅沢な着生材です。

せっかくなので形も少し調整して着生。

付け替えのストレス与えっぱなしだけど、

もうこれで本当に最後!

後はこのコルクと一緒にどんどんカッコよくなって欲しいです!

 

2-1.胞子葉をまとめると...

このままだと胞子葉が暴れまくりで場所をとりまくるので、

テグスを使って胞子葉をまとめてみました。

こいつは最近垂れ下がるより立ち上がりたいようで、

少しまとめてあげただけで見事な立ち上がりっぷりw

これはこれで...カッコいいですw

 

3.「コウモリラン」という名前。

このビカクは私が初めて買ったビカクシダ。

購入時の名前は「コウモリラン」でした。

↓2015/12

image

値段も1コイン(500円)で特に名のあるビカクシダではありません。

コルクより安い値段で買ったんです。w

でもここまで大きくなると愛着もあり、

奇形葉ばかりですがいつかはかっこよく整ってくれるんじゃないかと信じています...

とりあえず抜け落ちた胞子葉の穴を塞いで欲しいなあ...笑

 

4.まとめっというか感想。

ボロボロの板からどでかいコルクに変更したことで、

カッコよさも増し、

更には愛着も一層強くなりました。

気まぐれで寒いのに外に出していましたが、

付け替えたので、

もう少し暖かくなるまで室内で養生してあげたいと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事