チランジアを一つも枯らさず越冬完了!≪室内越冬のコツ≫

もうすぐ息子の幼稚園入園なのですが、

近所のママ友さんから色々お話を聞くと、

子供たちの事よりも親同士の関係がなんだかドロッと...

しているようでして...

 

↓前記事。

 

1.チランジアの冬。

冬場、我が家のチランジアは、

時々霧吹きで水をあげていました。

暖房器具で乾燥し過ぎているように感じている場合は、

お風呂に持っていてたっぷりシャワー。

 

霧吹きの頻度は3日1回程度。

シャワーは月1程度。

 

1-1.しかし3月に入ってからは...

12月から2月くらいまでは枯らさぬようこまめに水をあげていたんですが、

もう3月にもなると屋外管理目前。。。

3月は昨日1度だけの水遣りでした。笑

非常に辛めな状態なんですが、

もうすぐ外に出してあげられるので枯れなければいいかな程度の管理。

 

そして3月は気温が高くなり生長し始めます。

が、

十分に日光を得ることが出来ないまま水をあげると徒長してしまう原因にもなるのであえて水を控えるようにもしていました。

 

2.銀葉種ばかりなので冬越しも楽ちん。

今季私のチランジア達が枯れずに越冬出来た一番の要因は、

比較的乾燥に強い銀葉種ばかりだからっということです。

チランジアは大きく分けて2種類に分けられ、

トリコームを多く纏う銀葉種と、

トリコームが少ない(短い)緑葉種があります。

トリコームの少ない緑葉種は苦手なんですよねえ...

すぐに乾燥してダメにしてしまいます。。。

緑葉種はパルダリウムや高湿度を保てる設備がないと難しいような気もします...

 

3.春より梅雨が待ち遠しい!

チランジアは春というか梅雨を待ち望んでいます。

梅雨はたっぷりと水を吸って根っこも出してくれます。

 

今乾燥気味で枯れそうなチランジアも梅雨で復活!なんてこともありますので、

もうちょっとだけこの乾燥シーズンを耐え忍んでもらいましょう!笑

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事