ブルーフリルズから花茎が出てきたぞ。≪エケベリア巨大化計画×多肉植物≫

雨の日は息子を幼稚園に送り届ける担当です。

まだ少し眠気眼の息子と車に乗り、

傘も役に立たないような雨の日はずぶ濡れになります。

その後出勤。

そうだ、カッパを買おう。

 

↓前記事。

 

1.巨大化計画中のブルーフリルズ。

昨年11月にスタートしたエケベリア巨大化計画。

3種類のうち1つは越冬出来ずに枯れてしまいましたが、

ブルーフリルズと高砂の翁は健在です。

 

↓スタート時のブルーフリルズ。

 

そして過酷な冬を越し、

春先から徐々に生長し始めた現在がこちら。

 

↓約8カ月後。

 

大きく...なったようななってないような...

どうやら株の生長より花を咲かせようとすることにエネルギーを注ぎ始めてしまったようです。

 

1-1.ブルーフリルズの花茎。

多肉植物の花茎というのは、

思いの外迫力があり見応えがあります。

ブルーフリルズは花茎まで多肉質。

淡いピンクの蕾が非常に可愛いです。

 

2.花が咲いたら種を採ろう!

エケベリア等の多肉植物は、

交配させたり、自家受粉させることでその種を採ることが出来ます。

このブルーフリルズはどうでしょう...

自家受粉させてみたいと思っていますが、

やり方がいまいちわかりませんので要勉強です...笑

 

3.まとめっというか感想。

ちなみに高後の翁さんはこんな感じ。

なかなか大きくなってきています!

無事に夏を越して秋に元気な姿を記事に出来ればと思います!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事