植え替え失敗か!植え替え後動きのないアガベを水耕栽培に。≪発根失敗×多肉植物の水耕栽培≫

お天気雨ってなんだか不思議な気持ちになりますよね。

晴れだ―!雨だ―!って逆に騒いでしまいそうなくらい。

しかし外の植物が蒸れてしまうのではないかと心配です。

うーん大丈夫かこの天気。

 

↓前記事。

 

1.植え替え後1ヶ月も動きのないアガベ。

植え替えてからもう1ヶ月以上経つのに、

生長点に動きがなく

更に下葉が枯れこんでいく。

 

そんなアガベ・ポタトラム キャメロンブルー。

もうこれはちょっと心配なレベル。

同時期に植え替えた子たちはもう動き始めているのに...

 

1-1.原因は排水性の悪さか。

実はこの子を植え替えたときに思ったことがありました。

水をあげても他の鉢に比べ排水性が非常に悪いという点です。

メインに赤玉土小粒とゴールデン培養土を使用したのですが、

微塵抜きをしなかったせいか。

若しくはゴールデン培養土に含まれるバーミキュライトを処理しなかったためか。

 

「なんか水の抜けが悪いなー...」

っと思っていたんです。

 

そしたら案の定この子だけ一向に動かない。

っというか枯れこんでくる始末...

 

2.引っこ抜いて根を確認してみる。

このままではいけないと思い、

意を決し鉢から抜いてみます。

するとやはり一切発根してませんでした。

植え付け時と何も変わってません。

っというかむしろ根がやせ細っているようにも見えます。

これはイカン...

 

3.復活の望みをかけて水耕栽培!

多肉植物やサボテンも水耕栽培が出来るのはもう周知の事実。

先日なかや植物店さんでもアガベでも水耕が出来ると教えて頂いたので、

更に意を決して根を切りました。

 

水耕栽培をするときは既存の根は全て落とすのがセオリー。

新しい根じゃないと水に対応した根が生えてこないんですって。

更に更に、

古いハカマも切除。

水耕時に腐ってしまわないように枯れている部分は全て取りました。

最後はカッターで切ったのですが、

アガベは硬くて大変でした...w

 

3-1.切り口が水面に付くくらいで水耕開始。

後は水に挿すだけ。

切り口が水面に付くか付かないかくらいのところにします。

根の浄化能力がないうちは水が汚れやすいので、

細目に換水して水はキレイに保ちます。

 

4.まとめっというか感想。

これで...なんとか...

頼むから...

発根してくれ...!!!

是非とも綺麗に育ててみたい子なので枯らしたくはありません...

ガンバレアガベ!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事