マダガスカリエンセと一緒に苔を愛でる良さ...≪メリクロン株購入から1年半後の記録≫

あの夢にまで見たビカクシダ、

マダガスカリエンセを育て始めて1年半。

小さい子でしたが、

それなりに大きくはなったものの、

未だ胞子葉は出てこず...

 

↓前記事。

 

1.マダガスカリエンセの最初と今。

っということで改めて購入時と今を比較してみたいと思います。

あのエアロファイトさんで購入させて頂いたのがとても懐かしい...

 

↓2018/3

こんなプリンカップのような小さいプラケースに入っておりました...

いやはやこれを6,000円で買ったのだから、

私の神経もどうかしていたのかもしれませんね...

 

しかも育てられるかもわからないし、

小さすぎて一瞬で枯れてしまうかもしれないという怖さ…

 

しかし何とか年を重ねさせてあげることが出来ました。

約1年半後の現在です。

 

↓2019/8

右のヘゴ板付けです。

夏場はやはり生長が鈍りました。

展開中の貯水葉が途中でストップしそうな気配があります...

あまり元気な状態ではないですが、

生長点は動きがあるのでなんとか夏を越せそうです。

 

1-1.水苔のコケ化が止まらない。

↑の写真を見てわかるように、

水苔コケてきてます!笑

 

マダガスカリエンセを育てている方の個体を見ると、

だいたいこんな感じになってますよね。

水苔って常に湿っている状態だと、

自然と苔が生えてくるんですよねえ...

 

最初マダを仕立てた時は苔も一緒に盛ってましたけど、

よく考えるとあれは必要なかったなと思います。笑

 

マダの調子がいまいちでも、

苔が元気だとそれだけで見応えあります。

 

どんどんこのまま苔むして行って欲しいものです!

 

2.親株より子株が元気。

そして以前記事にした子株をコルクにつけた子たち。

コルク付けにした時はこんな感じ。

 

↓2019/4

←の子です。

 

あまりに小さい子だったので、

枯れてしまってもしょうがいないと思っていたのですが、

なんと今では親より元気

 

↓2019/8

よく見ると3株ありますねw

上の子株に至っては早くも凸凹してきました。

水苔も親株と同じくいい具合に苔むしてきています。

親株より全然調子良い...

ほとんど同じ管理なのに...

暑さにも動じないその強さは何故...

 

3.まとめっというか感想。

そういえばマダに関しては梅雨の時期が一番調子良かったですw

 

この投稿をInstagramで見る

 

. マダ、子マダ。 . #ビカクシダ #コウモリラン #platycerium #staghornfern #madagascariense #plants

フルキヨシキさん(@yoshiki.furuki)がシェアした投稿 -

親株も青々として綺麗だったなー...

また冬に回復してもらえるように、

残暑も頑張ってもらいたいと思います!笑

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

 

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事