体調不良で植物たちのお世話が難しい時にすること...≪植物の命か×自分か...≫

実は先日、

長男が風邪をひきました。

それがなかなか治らず、

次男にも風邪が移り、

更には親まで撃沈...

約1週間、地獄の日々が続いていました。

 

 

1.風邪を引く私たち、と看病してくれた風邪を引く妻。

とある夜は私・長男・次男が皆39度以上の高熱にうなされました。

そんな地獄をなんとか乗り越えられたのも、

自身も熱を出しながら夜な夜な私たち(男×3)を看病してくれた妻がいたから...

ホント、感謝しかありません。

ありがとうございます...

 

子供たちは、昼間は熱が下がるものの、

夜になると熱が急上昇する奇病...

結局小児科に2度足を運び抗生物質を処方されやっと沈静化した次第です。

 

私は元々扁桃腺が腫れやすい体質なのですが、

今回も例に漏れず扁桃腺が爆発寸前で高熱。

頭をまるごと保冷材で冷やしていたらその姿がとても滑稽だったようです。

 

しかしそんな苦しい時間が続けば、

日頃から管理している植物達のお世話も疎かになってしまいます...

 

1-1.幸いなことに...

しかし不幸中の幸いと言いますか、

実は台風のため一部は取り込み中だったので、

外に出なくても様子を見ることだけは出来ました。

温室の子たちは見ることは出来ませんが、

基本乾きものばかりなので1週間くらい放置しても問題ないはずです。

ビカクシダも基本的には水切れに強いので、

こういった非常事態には心強い植物ではあります。笑

 

2.水切れ厳禁!な子たちだけは...

しかし1週間以上水をやらなければ調子を崩してしまう子。

そう、私がかねてから育てているマダガスカリエンセです...

 

ビカクシダの中でも最も水切れを嫌い、

水が切れてしまうとたちまち調子を崩してしまう厄介で可愛い子...

ああ、どうしよう...

 

私が風邪で倒れてしまったばっかりにこの子を枯らしてしまうことになんて...

それだけは...

 

3.風邪で倒れた時の植物達の管理。

この答えはもうお分かりかと思います。

 

そう、風邪で倒れた時の植物達の管理は...

 

気合いで頑張る。

 

・・・!?

 

ただ、それだけのこと...

 

・・・...

それって何の解決にも、

ナッテナイジャニャナイ!!!

 

・・・ええ、

そうなんですよね...

私たちは、

風邪でどんなにつらくても、

ただ頑張ることしか出来ないのですよ...

何しろそんなことは、

植物達には何の関係もないことですからね!!

 

朝は解熱剤をがぶ飲みして(適量を)、

仕事に行ってましたし、

せっかく大切に育ててきた植物達を枯らしてしまわないように、

ただ頑張って、

管理してあげるしかないのです...

 

3-1.中にはダメージを受けた子も...

しかしどんなに頑張ったとしても限界もあり、

中には、

台風一過の灼熱で葉焼けのような、

何かしらのダメージを受けてしまったこもいたりして...

たぶん、、、

葉焼けだと思うんですよねえ...

病気だったら大変ですが...

お詳しい方教えてください...

 

今のところ私と共に調子を崩してしまった子はこの笹の雪だけで、

なんとか乗り越えることが出来ました...

 

4.まとめっというか感想。

ちなみに、

1週間経っても皆全快とまではいかず、

なんとか毎日を過ごしているような状態です。

皆で外で遊びたい気持ちが爆発しそうです。

 

長男は運動会の練習に後れをとってしまっているし、

なんとか普通の生活に戻りたい一心でございます...

 

仕事も趣味も健康と家族があってこそ、

家内安全・健康第一です。

もし神龍にお願い事をするならば、

家族皆の健康な身体をお願いする予定です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事