トロ舟ビオトープの3年目...水辺がなくなりました。

ビオトープって屋外でほとんど放置なんですけど、

何故か知らないうちにレイアウトが変わっていたり、

ある晩帰宅すると子供がびしょびしょだったり、

不思議なことが起こりがちな我が家のビオトープが、

ついに3年目を迎えました。

 

↓前記事。

 

1.トロ舟ビオトープの3年目。

っということで本日は、

我が家の不思議ビオトープのお話です。

 

今年で3年目になります。

そしてついにこのビオトープから、

水がなくなりました。

ちなみに今年のレイアウトを担当したのは、

今年で5歳になる現在4歳の長男です。

庭のあちこちから草や枝を拾ってきては挿し、

拾ってきては埋め、

なかなか斬新なレイアウトになりましたね。

そういえば彼は以前、

水槽にも斬新なレイアウトを描いてくれた強者です。

あの頃からレイアウトセンスを磨いていたのか...

感嘆するばかりです。

 

そして彼的にここは、

ダンゴムシのおうち!

らしく、

庭中のダンゴムシをここに総動員するかの如く、

大量のダンゴムシをお迎えしていました。

この水なしビオトープの植物がダンゴムシに食い荒らされることになるのでしょうか。

父は心配でなりません...

 

1-1.水辺がなくなった訳。

それはもう単純なことなのですが、

毎年言ってるんだけど「あれ」解体してくれる?

っということでして、

何故かといいますと、

妻が日中子供たちを庭で遊ばせると、

このビオトープのせいで毎回びしょびしょになるんだそうです。

 

そりゃ大変だ!

今すぐ解体しよう!

っと思いつつも、

ここに小さな自然が根付い始めている...

こともあり、

なかなか解体出来ずにいたのです。

とりあえず水辺なくせばいっか!ひらめき

 

っとまあ、

こんな感じで我が家のビオトープから水辺がなくなったのであります...

 

2.木枠はもうボロボロです。

ちなみに3年前に作ったトロ舟の枠

さすがに屋外で雨ざらしが3年も続けば...

もうボロボロですねw

あれから塗装もしてませんし

当然の結果だと思いますが、

ボロボロでも味があって嫌いになれません。

 

3.まとめっというか感想。

っという感じで3年目に突入したビオトープですが、

もうこれはビオトープではなく、

ただの箱庭なのでしょうか。

ここで根付いている子たちは、

冬も越してくれる子たちばかりで、

近頃はこの植物たちが春夏秋冬を教えてくれます。

 

小さな自然。

がここに出来上がりつつあります...

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事