ええ、

悲報です。

先日鳥の巣箱にシジュウカラが巣を作ったというお話をしました...

 

その後卵を発見し、

なんと雛まで見つけたのですが...

 

↓前記事。

 

1.シジュウカラの卵と雛。

実は数日体調不良で寝込んでいた私。

その間はあまり庭に出ることも出来ず、

積極的に観察を出来ずにいました。

あの子たちは元気だろうか...

っと思いながら床に伏し、

しかしながら窓の外から聞こえてくる鳥のさえずりに元気をもらっていた私です。

 

1-1.卵を確認していました。

遡るの事約1週間前、

私はこの巣箱の中になんと「卵」を発見していました。

((((ヌオオオオオオ!!!)))))

計8個の卵たち。

まさかこの巣箱でこの光景を見ることが出来るだなんて。

心が躍り、

毎日この巣箱の下を通るたびに彼らの様子を見守っていました。

(下からボーっと...笑)

 

1-2.孵化、そして雛。

卵を確認してから約3日後

もう1度巣箱を開けて確認してみると...

((((キャアアアア!!!!!)))))

なんと可愛い可愛い雛たちがそこには居たのです。

どうりで親鳥が盛んにこの巣箱の周りと飛び回っている訳です。

 

小さなシジュウカラが一生懸命に子育てをする姿、

曲がりながらも私も「親」でありますので、

非常に心打たれる姿がそこにはありました。

早く身体を快復させないと...!

本当に元気をもらいました。

 

2.雛が...居ない。

そして私が回復した後日。

なんかシジュウカラ...居なくない?

えっ?

雛の姿を見てからまだそれほど日は経過していません。

成長が早いとはいえさすがに巣立ちには早すぎるのでは?

不安が頭を埋め尽くします。

 

恐る恐る巣箱を確認...

するとそこには、

雛の姿がありません。

・・・。

 

3.「蛇」に食べられてしまったか?

そういえば最近近所では「蛇」の目撃情報がありました。

そして調べてみるとシジュウカラ等の雛は蛇の大好物なんだそうです。

そしてそして、

後日私は見てしまうのです。

 

前長1mはあるであろう、

「蛇」を。

巣箱からはそう遠くない距離。

instagramで、

これはなんて子ですか?

っとストーリーにあげたところ、

沢山の方から、

アオダイショウだわ!

アオダイショウですが?

と教えて頂きました。

そして、

雛が危ないぞ!!

っとご教授頂いたのですが、

が、しかし時すでに遅し...

 

雛が産まれて浮かれていましたが、

もっと早くから気を付けておくべきでした。

 

ただ、

これが「自然」なのかもしれません。

しかし、

この雛たちは私が設置した巣箱で産まれた子たち。

つまりこの「命」には私の責任もありました

 

4.まとめっというか反省。

巣立ちを拝むことが出来なかったのは非常に悲しいですが、

この出来事で生に「自然」に触れることが出来たのは貴重な機会だったとも思えます。

この経験はなかなか得ることが出来ません。

とても勉強になりました。

 

しかしながら上記させて頂いたように、

今回の悲劇は私にも至らぬ点があったと、

深く反省し、

またここにシジュウカラが巣を作ってくれ、

更に巣立ち迄立ち会えるように、

事前に何かしらの対策を施したいと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事