アガベ・アテナータ斑入りが葉焼けしております。

真夏の日射し、

それに耐えられる植物は少ないです。

しかしながら耐えられる子がいるという驚き。

ダメージを負いながらも頑張る彼を応援したい。

 

↓関連。

 

1.アガベ・アテナータ(斑入り)。

っということで本日は、

以前ホームセンタービバホームで出会ったアガベ・アテナータ(斑入り)のお話です。

購入時の姿はこちら。

↓2018.12

スーパービバホームでアテナータの斑入りをゲット!≪Agave≫

そして約1年半が経過した現在の姿がこちら。

 

↓2020.8

上からの角度変化なーし!!

 

上から見るとただの美しいアテナータです。

そして横から見ると...

葉焼けwww

 

1-1.斑入りに強光は禁物。

っということでこのアテナータ(斑入り)さん。

現在絶賛葉焼け中なのでございます。

購入時からすると随分サイズアップしているのですが...

全ての葉を美しく保つことが出来ずに現在に至ります。

 

斑入り種は基本種に比べて葉緑素が少ないので、

強い光を少し苦手とする傾向があるようで、

アテナータといえどそれは同じことが言えます。

 

2.葉焼けした管理環境。

この残念な葉焼けではありますが、

現在の環境を備忘録として残しておきたいと思います。

 

2-1.南向き80%遮光。

そうなんです。

実はこの子、

しっかり遮光した環境にいたのですが、

それでも葉焼けを起こしてしまいました。

もはや夏場に関しては、

遮光をしたとしても「南向き」で遮るもののない日射しは厳しすぎるようです。

 

2-2.タイルの上で暑さ増し増し。

実際に葉焼けを起こした時は、

タイルの上の縁側で起きたのですが、

夏場ここは日当たりが良すぎてタイルがとても熱くなり、

その影響で縁側部分も非常に熱い温度になります

 

もしかすると今回起きた葉焼けは、

ただ単に日射しだけが原因ではなく、

全体的に温度が上がり過ぎたこともダメージの原因だと考えられます。

 

3.まとめっというか感想。

とかなんとか言いつつも、

新芽は葉焼けせずに育ってくれているので、

この環境に少しずつ適応してきてくれているように思います。

まだまだ暑い日は続きそうですが、

もう超真夏の峠は越えたと思いますので、

少しずつ回復させて冬越し準備といきたいところです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事