ビカクシダ・リドレイの夏。

リドレイ、

個人的に虫に食われやすいビカクシダという意味で、

非常に手間のかかる子だと思っていますが、

虫に食われやすい点を除けば、

基本的にはとても育てやすいビカクシダだと思っています。

 

今年もリドレイの夏がやってきております。

しかし我が家のこのリドレイは、

虫が多すぎる庭では管理せず、

今年から冬も夏も室内管理を行っています。

本日は水遣りのため外撮影...

 

しかし青空の下で見る姿がたまりません。

出来ることなら夏は終日外管理をしてあげたいくらいです。

が、

我が家でそれをしようものなら一晩で穴あきリドレイになってしまうことでしょう...

 

しかし室内でもじっくりと育てれば、

それなりの形になってくれますし、

リドレイはやっぱり育て易いビカクシダだなと感じている今日のこの頃です。

たまに胞子が降りかかってくるのはご愛嬌...

素晴らしい胞子葉です。

っということで、

本日も私はリドレイをドボンするのでした...

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事