黒い傷跡があったリドレイの現在。

実はひょんなことから2m以上の高さから落下したリドレイさん。

↓この株。

 

1.黒い傷があったリドレイ。

しかしながら思いのほか丈夫で、

成長途中の胞子葉が折れてしまったり、

貯水葉(シールド)に傷はつけたものの、

ぐずつくことなく新たにシールドを展開中です。

実際にどのあたりに傷がついていたのかと言いますと、

生長点の真下からシールドの下部にかけて、

ぐっさりと傷がついておりました。

今ではもうあんまりわからないのだけれど...

 

1-1.広がらなければ放置。

最も傷の深かったところは、

生長点の真下だったのですが、

この部分は水遣りをするたびに、

枯れている(葉緑素が崩壊している)のでちょっと黒ずみます。

しかしこの部分。

枯れこみはするものの、

急スピードではなく、

どちらかと言えば新芽の展開の方が早いので、

私は放置しておりました。

 

この部分が枯れていくからと言って、

他の葉にも特に影響はなさそうです。

オツカレドレイ

 

2.異変があってもまずは観察。

っということで、

ビカクシダを問わず、

植物でも生体でも、

何か異変があった時は、

まずは超観察することが大事だと思います。

どこかが枯れてきても、

殺菌剤プシャー!!!

 

をいきなりするのではなく、

まずは毎日ミリ単位で観察して、

動きがあれば何かを試す。

その何かは、

薬剤を使うこともあれば、

適宜にその部分だけ焼き切ることもあります。

そして何も動きがなければそのまま回復を待ちます。

主治医になったつもりで...

その病の正体を少しでも探ることが出来れば勝ちですね!

 

3.まとめっというか感想。

ちょっと医者になったつもりで書いてみました。(ナニイッテンダコイツ

植物は案外強いので、

外的要因の傷であれば自分で補う力を持っていますし、

その力を十分に発揮させてあげる環境作りと、

後は...

傷をつけないこと。

気を付けたいと思います...

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事