P. elephantotisの板替えをしました。

実はこいつ、持ってたんです。

象さんと言われるビカクシダ、

かつてはアンゴンセという名、

P. elephantotisです。

とある植物屋さんで、

めちゃくちゃ小さい状態の芽で株分けしてもらい、

もらってましたw

しかしながら滅茶苦茶小さい状態で、

なかなか調子が上がらず頂いてからもう1年以上経っていましたが、

ようやく形になってきました。

この板につけてもう随分長いこと経っているので、

今回根の確認も兼ねて付け替えたいと思います。

板のサイズ的にはぴったりだけど...

用意したのは、

最近量産した(ロゴ入り)羽目板。

板のサイズは少し小さくなってしまうけど、

このお気に入り板にお引越しですw

 

そして根の状態は良好で、

しっかりと板に活着しておりました。

根の量的には先日のペガサスと一緒くらいなので、

やはり焼き過ぎ(杉)板は活着しにくいんだろうなーっと感じます。

 

っということで替えました。

ほぼサイズアウトww

 

しかしながら以前に比べ、

水苔を丸く盛ることが出来たので、

貯水葉を良い形に作ってくれることを期待しています。

象さんは胞子葉がとても個性的ですので、

その胞子葉を拝めるようしっかりと育てていきたいと思います。

宜しく象さん!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事