【イモリウム】30cmキューブ水槽の蓋をDIYするぞ!

もはや立ち上げ当初から思っているのですが、

GEXラクテリアのアカハライモリ水槽。

かなり手を込んで作ってはみたのですが、

何しろ...

狭い!!!

ので、

余っていた30cmキューブ水槽にお引越しさせることにします。

 

↓前記事。

 

1.イモリ脱走防止用蓋を作る。

っということで本日は、

イモリを飼育する上で絶対条件でもある、

脱走しないための蓋

を作りたいと思います。

ささっとホームセンターで材料だけ買ってきました。

 

1-1.用意したもの。

木材をベースにアルミアングルを駆使して作っていきます。

材料
・アルミアングル
・ラワン材 14×14
・手ごろな丁番
・アルミパンチングボード
・(両面テープ)
・(タッカー)

あとはビスとか諸々...

 

2.作りました。

材料が揃ったら、

採寸しカットし、

あとは組み合わせていくだけです。

例によって、

設計図はありません...

頭の中で組み立てつつ、

それを実現していくストーリー...

っといってもそんなに難しいものではなく、

ザクザク行きます。

 

2-1.メンテナンス性&脱走防止。

上記したように、

イモリウムの蓋で大事なのは、

メンテナンス性

そして脱走しないことです。

 

蓋を取らなくても、

蓋の扉を開ければ手を余裕で入れられるように、

半分を大きく開口しました。

これが、

ぱっかん!

大人の手でも易々と入れることが出来ます。

 

2-2.黒で塗装。

実は先日隣にシリケンイモリさんの黒いケージを拵えたので、

そのケージと色調を併せるために黒で塗装しました。

しなくても良かったな...w

っと思いつつも、

やはり水回りで使う木材は塗装しておいて損はありません。

 

2-3.アルミパンチングボードを使う。

そしてこの蓋は、

アルミパンチングボードを使いました。

これで通気性も良く、

夏場でもケージ内の温度を調節し易くなります。

ちなみにこれはタッカーで止めただけです。

 

2-4.アルミアングルで水槽にドッキング。

普段この蓋は半分開口で使用するのがメインになるので、

水槽にピッタリサイズでアルミアングルをカットし、

両面テープでくっつけておきました。

パンチングボードで凸凹しているので、

厚みのある両面テープを使用します。

これは良い感じ...w

 

3.完成です!

作業自体はささっとあっという間に完成しました。

塗装待ち時間さえなければ30分もかからないはずです。

黒くしたのは未だに失敗かなと思いますが、

カッコいいといえばカッコいいのかもしれませんし、

これはこれで良しとします。ナニイッテンダコイツ

今のところ鍵などは付けていません。

蓋もしっかり閉まるので、

アカハライモリが押し開けることは...

ないよね...?恐怖

 

3-1.使ってみた。

実際に30cmキューブに乗っけるとこんな感じです。

アルミボードは加工し易いので、

くりぬけばエアーチューブなどを通せます。

 

4.まとめっというか感想。

久しぶりにちょっとしっかりDIYしたので、

とても楽しいモノづくり時間でしたw

 

っということで私最近イモリにお熱です!

息子の部屋で一緒に飼っているのですが、

イモリかわいいいいい!

ひゃっほおおおおい!

っと寝る前に毎夜盛り上がってしまいます。笑

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事