ビカクシダの胞子をキャッチするシステム。

ビカクシダの中でも、

リドレイやコロナリウムは、

胞子をスプーン状につけ、

驚くほどドサッといきなり落としてきます。

室内管理ではこれがなかなか厄介で、

胞子が熟しそのタイミングを計り間違えると、

床が茶色の粉で大変なことになってしまいます。

経験者は語る...

コロナリウムももうすぐだなこれは...

この辺からいつも私、

うっかりしてしまうんですよ。

それで息子の頭に降り注いだこともあります。w

激怒w

 

っということで今回は、

とある胞子キャッチシステムを設置。

 

使うのはコレ。

コーヒーのフィルターw

キッチン周辺で何か使えるものはないかと探していたら、

やっぱりコレですよね、コーヒーのフィルター。

※胞子が取れたからといって胞子コーヒー作る訳ではありません。

 

きゅっとテープで結んで設置です。

見栄え...

は気にしてません。

とりあえずこれで無事に胞子収穫、

一家の平和を満喫したいと思いますw

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事