謎ビ「P.KH-21」の現在。

私が持っているビカクシダの中で、

兎に角その姿が謎で、

その育ち方も謎で、

とても面白いビカクシダがこの子。

以前も「謎ビ」として紹介した子です。

その名も「P.KH-21」です。

尚、これは品種名ではなく、

生産者様の個人的なナンバリングになります。

タグが見つかりまして...(名前判明

名前が判明したところ、

謎は謎。

元々はトリコームが濃く、

どちらかと言えば白い系の姿だったのですが、

現在それとは全く異なるお姿でございます...

最低気温が2℃くらいまで外にいたので、

痛んできている葉が多いですが、

トリコームも全て剥がれ落ちて、

ヒリーのような臭いを感じます。

鼻に異変...

劣悪な環境に居過ぎたからか、

奇形葉の胞子葉が多いですが、

現在展開している貯水葉は健康的な葉ですので、

次の胞子葉に期待が高ります。

親株の姿が分からないからこそ楽しめる種。

ビカクシダは人気種でなくていいんです。

どんな子も素晴らしい。

皆、皆、素晴らしい子たちだと感じる朝でした。

人気種はそれはそれで頷けますがw

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事