【アクアリウム】油膜が出たらフィルター掃除してみない?

実はここ最近、

見て見ぬふり...

していたのですが、

水槽の水面にふんわりと漂うあれがありまして...

 

↓関連。

 

1.水面の油膜。

っということで本日は、

まともなアクアリウム記事!

でございます。

冒頭にも書いた通り、

近頃「油膜」が酷く、

やろうやろうと思っていたものの、

放置しておりましたが、

年明けてすぐにやってやりました。

弱いエアレじゃ飛ばないレベルの分厚い油膜。

 

1-1.油膜が出る原因。

そもそも油膜が出来る原因は、

立ち上げ当初や、

生体の死滅による有機物の発生、

何等かの原因でバクテリアの大量死滅や、

餌の与えすぎなど、

水質が崩れている時に起きたりもします。

 

1-1.油膜が出ることによる悪影響。

水面に油膜が張ると、

まず水草が光を得にくくなります。

僅かでも遮光された環境になりますので、

強光を求める水草には大きく影響が出ます。

うちはシダばっかだから影響なかったけど...

景観も大きく損ねますし、

水面に油膜が漂うことで餌食いも悪くなります。

 

2.油膜を除去した方法。

油膜を除去する方法は、

エアレーションをしたり、

出水で水面を大きく揺らすことが効果的ですが、

今回私がしたことは...

※ちなみに夜間は常に弱いエアレーションをしています。

 

2-1.フィルター清掃で改善。

油膜がどんよりと張ってしまっている場合、

フィルター内部に汚れがたまり過ぎていることが考えられます。

実際にフィルターを開けてみると...

こ、これはちょっとやばい...

 

実はこのフィルター、

基本的に半年に1回程度は掃除しているのですが、

今回ちょっとサボってしまいまして、

かなりの汚れが溜まっておりました。

↓関連。

っということで掃除です。

 

私のフィルター構造は、

リングろ材と物理濾過用のスポンジ、

それとブラックホールを投入するだけです。

スポンジマットとブラックホールは毎回新しいものに替えます。

っということでフィルターを掃除した翌日...

 

2-2.掃除後翌日。

そして翌日、

水槽の状態を見てみますと...

シャッキーン!

※餌遣り後なので浮遊している餌がありますw

 

美しい水面がよみがえりました。

昨日よりも水槽が圧倒的に明るく見えます。

薄暗かった底も澄んでいます。

良かった良かった...

 

3.まとめっというか感想。

っということで無事に油膜が消滅した水槽でございます。

やっぱり水槽は綺麗が一番ですね!

勢いでリセットしちゃおうかな?

なんて思ったりもしましたが、

まだまだこの水景のお世話になりそうな2021年でございますw

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事