チランジアの根を出す方法は”とある管理”で超簡単。

先日アクアブログ界の奇才PAPAさんから、

「チランジアが発根しないんだけどどういうこと?」

「こいつふざけてんのまじで?」

「俺のにかhhぐあおつっこndえゆい!!!(自主規制)」

 

っというコメント頂いたので、

うちのチラたちの発根具合を見せつけてやろうと思います。

 

まずは、

↓の右手前にあるキセログラフィカ

↑約2週間前に流木に括りつけたものです。

 

おぼろげにステレンスワイヤーで括りつけた記憶があります。(酔っぱらってました。)

なのでちょっと葉にワイヤーが食い込んでいます。笑

 

ですが、

この約2週間、

屋外で夜間びしゃびしゃになるくらい水やりしていると、

↑10本以上の小さな突起が出てきました。

このポークピッツが根っこです。

個人的にキセロは根が出やすいような気がします。

 

去年から育てているミニキセロは、

凄まじい着生具合です。

根から根が出て、少しおぞましい雰囲気です(シビレマス)。

 

キセログラフィカは、

少し水を溜めて管理してあげると調子がいいみたいです。

勿論水が停滞して蒸れてしまうと爆発するので、

私は夜間水を貯めてあげて、

昼間は水を貯めないようにしています。

 

お次も去年からの子。

↑100均のおそらくカプトメデューサエ

カプトメデューサエは非常に逞しい子なので、

そのくねくねの卑猥な容姿も含め大好きです。

ヘゴ原木の破片をぶち破りながら着生しています。

 

↓確か100均のイオナンタ。

存在を忘れかけていましたが、

何とか冬越し出来ました。

(さすがイオナンタ!)

着生するための枝が細くて根っこが路頭に迷ってます。

 

↓路頭に迷う根っこシリーズ。

去年開花して子株を付けたカピタータです。

根っこが水苔を突き破って出てきています。

 

水苔あくまでも空中湿度をあげるために(私はそう思ってます)、

つけているだけなので、

根っこが路頭に迷ってしまうくらいならいらないんじゃないか。

おそらく今後チラを着生させるときは水苔なしで行きます。

(越冬時は水苔をつけるかもしれませんが)

 

↓カピタータ・ピーチ

これは、去年簡易温室を作って実験的に育ててみた子です。

簡易温室内で発根したんですが、

諸事情(気まぐれに水槽を増やしたため)で温室解体となり、

残念ながらまだ着生には至っていません。

 

 

 

やはりチランジアを室内で調子よく育てるのは、

相当難しいと思います。

(越冬で思い知らされました。)

逆に屋外に出しておけば、

害虫もあまりつかないので育てるのは簡単かと。

気を付けるべきは、

屋外だからって増やし過ぎて、

冬に取り込むスペースがないという事実に気づけないこと(私はこれです)。

 

 

 

おまけ。

コリ水槽にお仲間を3匹追加しました。

早速群れて、

とっても可愛いです。

 



にほんブログ村

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事