コーナンのロールスクリーンを天井に直接取り付けてみた。

っとある日。

事務所の一部に目隠しが欲しいなっと思い、

近所のホームセンターに向かいました。

ロールカーテンなんていんじゃない?

そこでちょうどいい商品を発見...

 

↓関連。

 

1.コーナンで買ったLIFELEX「ロールスクリーン」。

っということで今回私が購入したのは、

ホームセンター「コーナン」で売っているLIFELEXのロールスクリーンになります。

目隠しとしてはこれ以上ないくらいに適した商品ですね。

お値段は180cm×180cmでざっくり5,000円くらい。


ロールスクリーンと言えば、

ニトリやIKEA、その他ホームセンターで販売されていますが、

何故今回コーナンのものにしたのかと言うと、

一番近かったから...

でありまして、

特段の理由はありません。

(ごめんなさいコーナンさん)

(でもありがとうコーナンさん)

 

2.天井に取り付ける。

今回このロールスクリーンを取り付けるのは、

窓のカーテンとしてではなく、

目隠し兼パーテンションとしての意味合いで取り付けるのです。

っということで、

取り付ける場所は天井なのですが、

問題はコレ。

下地のない天井に取り付け。

おそらく商品としては推奨されない取付場所だと思います。

建具の木部に取り付けたり、

カーテンレールに取り付けるのが普通の取付方法のようです。

そんなことわかってましたよ...

 

2-1.石膏ボード用アンカーを使ってみる。

そこで今回私は↓のビス及びアンカーを一緒に購入しておきました。

個人的に一番信頼を置いているアンカーです。

使用方法も簡単なので大雑把な私としては非常に嬉しいところ...

ボード用アンカーとしては少しお高めですが、

やはり安心感があるのでこのアンカーを使うことにします。

 

3.ロールスクリーンの取付。

以前ニトリの木製ブラインドを取り付けたことがありましたが、

今回も似たような部品を使いますが少し違いますね。

 

ニトリのものはブラインド部分をがっちりとホールディングするような形で取り付けるものでしたが、

コーナンのロールスクリーンは爪にはめ込むだけなので取付が非常に簡単です。

これを上記したアンカーを使って天井に取り付けて、

後はパチっとロールスクリーンをはめ込むだけ...

で、取付完了です!

途中の写真撮り忘れた...!

 

のですが、

アンカー入れてアジャスター取り付けて、

あとはスクリーンをはめ込んだだけという超簡単な工程です。

 

3-1.アンカーを使った注意点。

ただ一つご注意頂きたい。

私は痛恨のミスを犯しました。

アンカーに付属しているビスを使用すると、

ロールスクリーンのアジャスターの可動部にビスの頭が干渉してしまい、

取付時に少し動きが悪くなります。

取り付けられないことはないのですが、

ロールスクリーンに付属している以外のビスを使用する際は、

ビスの頭が小さいものを選ぶ必要があると思います。

そもそも付属のビスを使えば問題ないのですが...

 

4.まとめっというか感想。

横幅180cmのものを1本と横幅90cmのもの1本、

計2本の取付作業自体は15分程度で取付完了しました。

最後に石膏ボードの削りカスを掃除する方が時間がかかったように思えます。

 

っということで今回は下地のないところへの取付のため、

石膏ボード用アンカーを使用して取り付けましたが、

LIFELEXの商品としては推奨されていない取付方法になりますので、

ご参考にするにも取付するにも、

くれぐれも自己責任でお願い致します。

更に、

使用頻度の高いところへの取付であればしっかりと下地のあるところに取り付けるべきだと思います。

くれぐれもご注意くださいまし...

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事