リドレイに胞子が付いた。

一つの植物から、

新たな命を生み出せる無限の可能性。

シダ植物でいえば、

それは胞子です。

 

ビカクシダは不定芽を出して、

根っこから増えていく種類もありますが、

ビカクシダ・リドレイに関しては、

不定芽は出さずに胞子をばら撒いてその命を紡ぎます。

 

いつか自分のリドレイからも胞子が取れればなー、

なんて思っていました。

しかし胞子を付けるのはある程度育った株じゃないと付きません

 

なんて思っていました。

 

が!

冬の間に展開した胞子葉の小さなスプーン(胞子嚢)が、

徐々に茶色くなっていくではありませんか!

このスプーンのサイズは私の人差し指と同じくらい。

ついに胞子が!

取れる!(極少量)

かもしれません!(可能性)

 

 

胞子が少しでも取れたら、

胞子培養にトライしてみようと思います。

頑張れリドレイ!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事