ビーチ―の貯水葉をビンビンに立たせたい。

以前INDOOR HOBBIESステッカーを貼りつけた板。

その上に乗るビーチ―さん。

それがどうかしたかって?

ええ、

とても綺麗なんですよ...

 

↓前記事。

 

1.ビーチ―の貯水葉。

っということで本日も、

ビカクシダのお話です。

以前ただの板につけたビカクシダ・ビーチ―の子株ですが、

2カ月が経ちその貯水葉が今良い感じ。

↓2020.11

そして2か月後現在の姿がこちら。

↓2021.1

の、伸びてますねえ...?

 

付け替えで動きに影響があるか少し心配していましたが、

根をあまりいじらずに付け替えたためか、

葉の成長には影響がなく現在の姿になっています。

まだまだと言えば、

まだまだな貯水葉ですが、

この成長途中の葉も美しくてたまりません。

 

2.ビーチ―を尖らせるコツは?

とはいっても、

私実はビーチ―の貯水葉をまともに育てられたことがなく、

今回の子が初めてよく育ってくれている貯水葉です。

ビカク玉とか色々遣り過ぎたw

勿論ビーチ―選抜品種等と比べれば、

尖り方はたかが知れているのかもしれませんが、

貯水葉も、勿論胞子葉も、

「尖らせるコツ」はあるのだと思います。

 

2-1.とても強い光を真上から。

そもそもビーチ―の自生環境は、

木々に着生しているのではなく、

ひらけた岩場や岸壁についているため、

とても強い光があたる場所です。

そのため星状毛も濃いのがビーチ―の特徴です。

なのでビーチ―を健全に育てるには、

まず「とても強い光」が必要になります。

 

具体的に言うと、

朝から昼までの東から直射、

夏場はほんの僅か寒冷紗程の遮光が適している気がします。

※「暑さ」による影響は度外視してます。

そして胞子葉は光の方向を目指して伸びるため、

光が真上から当たるところに居ることが絶対条件です。

 

2-2.とても辛めの水。

そしてビーチ―は非常に水切れにも強いビカクシダですが、

それはつまり、

「水があまり得ることが出来ない環境に居た」

ことが想定されます。

なのでビーチ―を育てるのあれば、

他のビカクシダよりも更に水を辛めにした管理がビーチ―に適しているのだと考えられます。

 

3.まとめっというか感想。

ビーチ―の貯水葉を見て、

ふと思ったことを書いてみました。

細かいこと言えば「風」等も関係してくるのかもしれませんが、

それは植物を育てる上で前提条件として書いております。

 

ひとまずこのビーチ―が私のもとで、

しっかり育ってくれることを信じて、

今年過ごしていきたいと思います。

 

そういえばこの板につけているINDOOR HOBBIESステッカーですが、

ばしゃばしゃ水をかけても、

直射日光に当てても全然へこたれませんw

さすが無駄に屋外仕様ステッカーですw

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事