ひかりクレスト(カラシン)が非常に使い易くて好きになった。

皆さん熱帯魚の餌って何をお使いですか?

私はいつもコレと言って決まった餌はありません。

使っている餌が空っぽになったら、

気になった別の餌にしています。

ちなみに冷凍赤虫は別カテゴリーです。笑

 

↓関連。

 

1.ひかりクレスト(カラシン)を使ってみる。

今回は以前購入したGEX「ワイルドフレーク」がなくなったので、

アクアショップに行って新しい餌を買ってきました。

それがこの餌。

ひかりクレスト(カラシン用)です。

ひかりクレストの餌はコリドラスで愛用していましたが、

カラシン用を使ってみるのは初めてなので記事にしてみます。

ちなみにコリドラス用は沈下性でコリタブに比べて柔らかいので食べやすいそうなのが気に入っています

他の熱帯魚用の餌に比べてほんの少しだけお高いイメージがありますが、

その対価にあった餌だなーっととても好きな餌です。

 

1-1.ひかりクレスト(カラシン)の中身。

さて、早速ひかりクレスト(カラシン)を開けてみましょう。

よくあるフレーク状の餌ではなく小さな粒状の餌です。

小型魚でも口に入るサイズ感ですね。

カラシン用となっていますが、

パッケージにあるように確かにグラミーや他の魚でも食べやすそうです。

 

2.浮いて、沈むがちょうど良い餌。

っということで実際にこのひかりクレストを与えてみましょう。

フリフリっと...

するとどうでしょう。

私はハチェットテトラを飼っているので、

「餌が浮く」というのが絶対条件。

そしてコリドラスもいるのて、

「適度に沈む」必要もある。

 

そしてこのひかりクレストを撒いてみて思ったのは、

今まで使った餌で一番好きかも...

っというもの、

与えて水面に浮遊していた餌はハチェットが食べ、

水流と共に徐々に下に沈んでいき、

その沈んでいく餌は他テトラが一心不乱に追いかける。

そして粒上の餌は流木や水草に引っかかることなく、

しっかりと底に到達。

フレーク状の餌と沈み切らず流木などに引っかかってしまうことが多々ありましたが、

この粒上の餌であれば水槽の底にまで難なく到達しコリドラス達でも食べることが出来ました。

 

勿論コリドラスには別で沈下性の餌を与えていますが、

このカラシン用のひかりクレストでも上手く使えば十分事足りそうです。

 

3.色揚げとか拘らなければ◎。

私は今魚の色揚げとか、

栄養のバランスとか、

そういった細かいことはあまり考えず「使い易い」ものを使っています。

 

拘るのであれば結局「生き餌」が一番ですし、

イトメ飼え

っと思う訳です。

 

「使い易さ」でいえばこの餌は非常に使い易く、

更に、

餌が沈下して食べ残しが少ない=水を汚しにくい

っということでもあります。

水槽のメンテナンス面からもみても優秀な餌なのだと思います。

なんで今まで使わなかったんだろう...

そう思えるくらい良い餌だなっと思いました。

 

4.まとめっというか感想。

以前は「冷凍赤虫」を与えている頃もありましたが、

何しろ冷凍赤虫は我が家の冷凍庫を圧迫してしまうので保管しきれなくなり使用を断念しました。

赤虫を食べる魚の姿、結構好きだったんですけどねえ...笑

魚の餌は色々なものがあるので毎回変えるのも面白いですが、

今回のひかりクレストもなかなかいい餌で、

今後も使い続けたいなと思える使用感でした。

 

あと、全然関係ありませんが、

流木を買いました(浮いてます)。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事