アロエ・プリカティリスから”やっと”新芽が出てきた!

去年購入したアロエで、

植え付けてからなかなか動きがなく、

もしかして...

っと思っていたのですが、

先日ついに新芽を確認出来ました...

 

↓前記事。

 

1.アロエ・プリカティリスの新芽。

購入したのは去年の7月ですので、

植え付けてから9カ月近く動きがありませんでしたが、

ついに先日新芽を確認することが出来たアロエ・プリカティリスがこちら。

そして気になる新芽部分がここ。

↓赤丸部分。

ほっと一安心...

 

新芽が動かないと「根腐れ」っという不安もあったので、

長い時間はかかりましたが無事に生長してくれて嬉しい限りです。

 

1-1.植え付け時と今。

ちなみに9カ月前に植え付けた時の姿がこちら。

↓2019/7

そして改めて現在の姿がこちら。

↓2020/3

よく見ると外葉は枯れ落ちて、

中央の新しい葉は生長していました。

生長は緩やかでしたが、

根が張ってきた今この夏の生長には期待が持てそうです。

 

2.アロエ・プリカティリスの冬。

まだこの子とお付き合いし始めて1年も経っていませんが、

私がこの子とどのように関わってきたのかを記録しておきたいと思います。

 

2-1.冬の管理。

今期の冬は加温した温室で過ごしてもらいました。

↓温室の加温についてはこちら。

 

加温した結果、

最低気温は10℃を切らない環境での越冬でしたので、

余裕の越冬をかましてくれました。

アロエはもう少し気温の低い環境で越冬させても大丈夫そうです。

 

2-2.冬場の水遣り間隔。

冬場の水遣り間隔といっても、

しっかりと加温された環境でしたのでプリカティリスは水を欲するようでした。

時々、葉っぱがしわを寄せるくらいになったらたっぷり吸水。

最低気温10℃最高気温25℃の環境で、

間隔的には3週間に1回くらいの水遣りでした。

冬場はあまり日照の確保が出来ないので生長する温度を保てていたとしても、

「徒長」させないように辛めの管理です。

 

3.まとめっというか感想。

プリカティリスはその草姿がとても好きなアロエなので、

新芽が出てこないことにずっと冷や冷やしておりました。

しかしじっくりと諦めず時間をかけてあげてこの結果となったので本当に良かったです。

 

大きくなるにはまだまだ時間がかかると思いますが、

これからもじっくりとお付き合いしていければいいなと考えております。

今後とも宜しくお願いします...

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事