天井から流木を吊るしてチランジア大作戦!≪チランジアの冬≫

リビングの西側を緑化してよいという許可が下りたので、

休みの日に早速天井に穴を空けフックを増設し...

 

1.天井から流木を吊るす。

今やよくある方法ですが、

天井から流木を吊るし、そこにチランジアをかけていきます。

チランジアは小物が多いので、

流木にまとめてかけちゃうと管理がとても楽になります。

 

1-1.石膏ボード用アンカーでフックを増設。

天井は梁が入っている部分とそうでない部分がありますので、

今回は石膏ボード用アンカーを使いフックを増設しました。

もっと簡易的なフックもありますが、

流木やら草やらなにやらを吊るしていくと結構な重量になるので、

しっかりと強度を持たせることにしました。

↑これのフックの奴です。

 

2.冬季は湿度を意識して管理したい。

冬場は暖房器具などで室内の湿度はかなり下がってしまいます。

エアープランツという言葉が付いているように、

空気中の水分も大切なのがチランジアです。

加湿器などを使い湿度を保つのも良し、

細目に霧吹きで空中湿度を高めてあげるのも良し、

私は適当に霧吹きで水やりしつつ、

時々風呂場でがっつり水をあげるようにしています。

一括で運ぶときに木枠とか流木に括って置くと捗ります。

 

3.まとめ:チラは吊ってこそ美しい...

チランジアは前から吊っていましたが、

しっかりとスペースを確保出来た今、

改めてその美しさに息をのみます...

これ、ほんと、もっと増やせちゃうじゃん...!

ありがとう!(嫁さん!)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事