三浦の水族館「油壷マリンパーク」に行ってきた!

先日成人式の祝日、

午前中に仕事を終わらせ家族で三浦まで行ってきました。

っというもの年始におばあちゃんから三浦の水族館の「招待券」なるものを頂いた訳でして...

その日が「明日じゃん!」っということになり、

超特急で車を飛ばしてきた訳であります...

 

↓関連。

 

1.「油壷マリンパーク」に行ってきた!

私たち、あまり漢字も地理も強い方ではありません。

なんて読むのこれ...

あ、あぶr...ゆつぼ?かな?

 

っということで行ってきました。

「京急油壷(あぶらつぼ)マリンパーク」

あぶらつぼ...

でよかったんですね!笑

 

2.生物との距離が近い!

ここ油壷マリンパークにきてふらふらーっと回って思ったのは、

兎に角生き物との距離が近いな!っということ。

だってちょっと手を伸ばせばペンギンさんがそこに!

近頃の水族館ではよく居ますが、

ここにも触れるサメが!

そして何より、

乗れるパンダが居るではありませんか!!

※動作には200円かかります。

 

2-1.生き物の説明があって嬉しい。

水族館内部に入ると各水槽にそれぞれ生き物の説明書がついているのが非常に良かったです。

とても年季の入った説明書でしたが

これがあるだけで魚たちをより真剣に見ることが出来ます。

ハゼなんて全部同じに見えてしまう私でしたが、

おかげさまで魚への理解を深めることが出来ました...笑

 

2-2.大型ビオトープもありました。

ちなみに外にも大きなビオトープがあります。

私たちが行った時期が冬ということもあり、

このスペースはあまり楽しむことが出来ませんでしたが、

ここはきっと夏に来たら最高に面白いはずです。

メダカやカエル、更には蛍まで居るようです。

 

ビオトープはやはり夏じゃないと面白くないですからね!

うーん、是非とも夏に再訪したいです!

 

3.展示がとにかく巨大で呆然とする。

そしてこの油壷マリンパークは生き物だけではなく、

「展示」がなかなか面白い。

他の水族館では見たことのないようなサメの模型や...

ダイオウイカまで...

↑呆然と巨大イカを眺める次男(1歳)。

 

この他にもメガマウスシャークやラブカの展示など、

まるで博物館に来たかのような感覚になるほど立派な展示がありました。

あまりに巨大で私も呆然としてしまい写真を撮ることを忘れておりました...

 

3-1.みうら自然館。

展示といえば私はこちらも面白かったです。

それがこのみうら自然館にある昆虫たち...(標本)。

こんなどでかいケースに標本を入れるとこんなにもカッコいいなんて...

いやー、私の標本も見習わなければならないと痛感致しました。笑

非常に見応えがありました。

 

4.子供も大人も楽しめる水族館。

水族館の水槽は子供でも見やすいように階段状になっていたり、

外では子供が思い切りはしゃげるようにまるで公園のようになっていたり、

今回初めて行った水族館でしたがまた行きたいなと思いました。

いつもよくいく水族館とはちょっと違った雰囲気があり私もウキウキしてしまいました。

水族館だけど博物館のようで、

水族館だけど遊園地みたいな楽しい場所。

それが「油壷(あぶらつぼ)マリンパーク」なのでしょう!

近所にこんな水族館があったら最高だなー...

 

ちなみにこの日は午後到着で、

到着直後に仮面ライダーショーがたまたまやっていたりと、

子ども的にはそちらも最高に楽しかったようです...笑

 

4-1.HP、料金や駐車料について。

私たちは今回招待券で入場したので料金などはかかりませんでしたが、

通常だと以下の入場料がかかるそうです。

区分大人(高校生以上)中学生小学生幼児(3歳以上)ペット
料金1,800円1,300円900円500円500円

乗用車駐車料は800円。

 

そういえば園内にはわんこを連れている方もいらっしゃいました。

ドッグランもあるそうですねえ。

詳しくはHP:京急油壷マリンパークでご確認くださいませ...

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事