チランジア・カクティコラの子株が大人に。

あまりの暑さで人も植物も生育がいまいち、

だったりもしますが、

頑張って夏を耐え忍んで生きております。

わたしがw

 

↓前記事。

 

1.チランジア・カクティコラの子株。

っということで本日は、

以前子株が大量に出てきたんだけど、

その後どうなったの子。

チランジア・カクティコラのお話です。

約1年が経過しました。

 

↓2019.8 去年の姿。

親の成長点はありませんが、

よく見ると子株がワラワラと出ています。

 

そして1年が経過した現在の姿がこちら。

↓2020.8

ちっちゃくなっちゃった!?w

一見するとかなりサイズダウンしたように見えますが、

親の葉が全て枯れ、

現在は子株のみになっているので仕方ありません。

 

1-1.チランジアの子株の成長速度。

これは種類によってまちまちですが、

カクティコラの子株は1年でこんな感じです。笑

↓1年前。

そして現在。

↓1年後 現在。

チランジアは成長の早い植物ではないので、

個人的にはこれで十分大きくなってくれたなと感じています。

少なくとも我が家の管理ではまずまずの生育具合です。

 

2.蒸れないような夏の管理。

ちなみにこのカクティコラさん。

沢山の子株が付き葉数も多いので、

非常に蒸れやすい状態っといっても過言ではありません。

なので今年は蒸れないような管理を心がけています。

 

2-1.水遣りは夜間のみ。

他チランジアも同じ管理をしているのですが、

近頃(8月)は朝であっても気温が高く、

風もあまりありません。

この時に朝水遣りをしてしまうと、

昼間ドカーン!とあがる気温で蒸れてしまう心配があります。

 

っということで私は、

この夏、彼らに水をあげるのは「夜のみ」にしています。

勿論その日によって気候は変わりますので、

柔軟に天候に左右されます。

 

蒸れてしまうと一発で崩壊枯死ということもあるので、

もう少し穏やかな気温になるまではしばらく耐え忍んで頂きます。

 

3.まとめっというか感想。

っということで本日は、

チランジア・カクティコラのお話でした。

 

カクティコラはあまり出回っているチランジアではありませんが、

子株も多く吹きやすいようで、

簡単にクランプを楽しめるチランジアだと感じています。

この夏を越えて秋になり、

冬を迎えるころにはもう少し生長してくれているかな?

っと期待しつつこの夏を共に越えたいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事