アマテラスLEDでビカクシダを育ててみる。

ついに...

あの高級LEDが、

私のもとにやってきてくれました...

ありがとうございます...

ただの奮発...

 

↓関連。

 

1.アマテラスがやってきた。

っということで...

買っちゃいました。

 

アマテラスLED(20W)...。

私が室内管理の主力光源として使っているIKEAライトの10倍以上のお値段のするこのライト。

そもそもアクアリウム向けのライトなので、

当然のことながらその性能はお墨付きのようで...

 

1-1.開封。

した瞬間の写真を撮りそびれてしまいましたが、

説明書がただひとつのライトに向けられている情報量とは思えないくらい、

みっちり沢山説明書きがありました。

水草を育てていると、

赤系の色味を出すには何が必要でとか、

何ルーメン必要でだとか、

その手の情報が必要になっているので、

驚きつつも納得がいく説明書でした。

添付の使用例カッコよさげですね。

使ってみないとわからない!けど!

この手の照明は注意書きもよく読んでおかないと痛い目みるので、

ここは熟読しておきましょう。

 

 

1-2.反射板が取り外せる。

このアマテラスさんは反射板が付いているのですが、

これは照射範囲や照度を広めたり弱めたりするために、

取り外すことが出来るようです。

↓取り外してみた。

少し照射が広がったかな?

くらいでしたが、

照射距離などで変わってくるところなのでまだあまり分かりません。

 

2.使ってみた感想「眩しい」。

さて、

高まる鼓動に揺られる身体を抑え込みながら、

新たに取り付けたIKEAの照明器具にアマテラスをセットしました。

眩しいwww

いやーもう、

兎に角眩しいです。

IKEAライトであれば直視できなくもないですが、

アマテラスは直視出来ない程の光量があります。

写真でも眩しい...w

 

2-1.とても白い光。

そしてIKEAライトと比較してみると、

このアマテラスはとても白いです。

壁紙のちょっとした汚れなんて消し飛んでしまうくらい、

強く、白い光です。

以前はIKEAのライトでも白く感じていたのですが、

IKEAのライトがオレンジ色に見えるくらい、

このアマテラスは白いですね!

 

2-2.アクアリウムで使いたい。

この点はアクアリウムであれば最高ですね!

 

うちの水槽はキャノピーで蓋しているので、

アマテラスが今使えないのが非常に悔しいですが、

いつかこのアマテラスでアクアしたい欲が高まりました。

 

この白い光でお魚さんや水草を照らしたい...

オープンアクアしたいいいw

 

2-3.塊根植物の育成には良いのかも。

そもそもビカクシダはそれほど強光でなくても育つシダ植物です。

しかし塊根植物等は、

ビカクシダに比べて遥かに強い光を求めますので、

このアマテラスは塊根植物の冬越しなどで活躍するんじゃないかなと感じました。

 

3.育ち具合はまだわからない。

今回は使い始めてすぐのことですので、

このアマテラスでどういう恩恵が得られるかはまだ分かりません。

分かり次第また記事にしたいと思いますが、

観葉植物であれば、

結局LEDはどれも照射距離や個数の問題だと思います...

使い方次第...w

 

4.まとめっというか感想。

話題になっているアマテラスがどういうものかと、

とても気になっていたので、

今回購入してみてすっきりしました。

兎に角「光が強く白く美しい」ですね。

アクアリウムしたくなります。

 

いつかアマテラスでオープンアクア出来る日を夢見て...

今日も水換え...w

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事