美しのワイルド種。P.willinckii cv.ionicの約1年後。

タイトルにワイルド種と書きましたが、

これはこのcv.ionicの親株が、

インドネシアのワイルド株っという意味で書いております...

 

↓前記事。

 

1.P.willinckii cv.ionicの約1年後。

っということで本日は、

アイオニックさんの成長記録になります。

早速1年前の姿です。

 

↓お迎え時 2020.3

このアイオニックは、

ビカ森さんから購入したのですが、

2万円近い高額な子でした。笑

高額な子に限って、

毎回小さい苗なので緊張で手汗です。

 

そして約1年が経過した現在の姿がこちら。

↓2021.3

現在3月はまだ室内管理でして、

しっかりと場所を確保できず、

LEDを無理やり当てております。

 

1-1.胞子葉の美しさに舌鼓。

このアイオニックさん、

胞子葉はまだおそらく幼い表現ですが、

細葉でとても美しい胞子葉でございます。

葉の硬さは私の持っている普通のウィリンキーに比べると、

かなり硬いです。

葉の裏が薄っすら茶色っぽい。

光当たり過ぎて白飛びw

 

1-2.伸びる貯水葉。

そして現在は貯水葉が展開中ですが、

その伸長具合にハラハラドキドキです。

頂点が光の方向に少し曲がってしまっていますが、

それでもこの伸長具合がお分かり頂けるかと思います。

ちなみに亀裂が入っていますが、

これは私がやってしまった訳ではなく、

立ち上がり過ぎた胞子葉で自傷したのです。笑

 

2.ワイルド株が熱い。

かねてからビカクシダは、

交配が盛んに行われ、

更なる新品種がばっこばっこしておりますが、

個人的に今私は、

ワイルド株が熱い

です。

 

あの「ねし子」もインドネシアのワイルド株でした。

↓ねし子。

 

まだ世界には見たこともないウィリンキーが自生しているんでしょう。

これは勿論交配による夢もありますが...

 

3.まとめっというか感想。

ワイルド由来ばかりが流行ってしまうと、

リドレイのように乱獲の問題等が出てくる可能性もありますので、

なんとも言えないお話ですが...

今私のもとにあるワイルド由来の株は、

大切に育てていきたいと思っております。

この子の次の胞子葉は、

一体どんな化け物なのか。

楽しみです。

 

 

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事