P.stemaria cv.Laurentiiの成長記録。≪3ヶ月目≫

さて、

本日は今年の7月にお迎えしたステマリア”ローレンティー”の記録です。

以前ビカクシダの上下を確認する!という記事でしか書いていなかったので、

ちゃんと記録を付けておきたいと思います。

 

↓前記事。

 

1.板付時と今(3か月後)。

まず板付時の姿がこちら。

↓2018/7

ポットから抜かれたばっかりだよ!

みたいな株を板付にしました。

胞子葉が暴れまわっているので、

一体どんなビカクかわからない!感じですw

 

そして約3か月後現在。

↓2018/10

購入時の胞子葉は勝手に落ちたり、

故意に切り落としたりして、

全部落ちました。

貯水葉も何とか数枚展開してステマリアっぽくなりましたね。

 

1-1.例に漏れず猛暑で委縮。

今年の夏はとても暑かったので、

一時屋外に出していたら成長がストップ

板付してから間もなくの夏だったのでダメージが大きかったように思えます。

それから崩れ気味に成長中です...

涼しくなってからやっと持ち直してきました。

 

2.まだまだ本来の姿ではない。

ステマリアは貯水葉も胞子葉も個性的な形状を作ります。

現状も他にはない胞子葉の形をしていますが、

まだまだ本来の姿には程遠いです。

どこまで作り込めるか...

大株になれば主役級にカッコいいビカクになるはずなので、

これからもめげずに育成していきたいと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事