【P.willinckii cv.ionic】ビカクシダの見ごろシリーズ。

ビカクシダの「見ごろ」って、

ただ大きくなった時だけじゃないと思うんです。

小さな芽が出ている姿も、

枯れ行く貯水葉の姿も、

それを改めて教えてくれたのが、

このP.willickii cv.ionicです。

 

↓2020.7

去年の12月にお迎えした時は、

貯水葉もなく、

胞子葉も小さく、

とても弱々しい姿でしたが、

僅か8カ月でこれほどまでに美しい姿を作ってくれました。

 

↓前記事。

 

この子の個性はまず細葉の胞子葉でしょうか。

優しく撫でるように触れます。

見た目とは裏腹にしっかりと筋が通った強さを感じる胞子葉。

下から仰ぎ見るとその姿に見惚れてしまいます。

この胞子葉に胞子が付いたら、

どのような表現になるのだろうか。

それを考えるだけで心躍ります。

 

そして冒頭にも書きましたが、

ウィリンキーは枯れ行く貯水葉にも魅力があります。

実は残念なことに、

この子の貯水葉の枯れこみ方が非常に美しかったのですが、

それはほんの2,3日しか現れず写真に収めることが出来ませんでした。

 

っというのが、

この貯水葉、ただ茶色く枯れていくのではなく、

茶色くなるプロセスで一度白く色素が抜けたようになるのです。

この表現がまた訪れるかわかりませんが、

この枯れ行き方が本当に美しく、

写真に収めることが出来なったことを本当に悔いております...

明日撮ろうと思っていたらすっかり茶色になっていました...

 

最後に購入時の姿を...

↓2019.12

ちなみにこの板は私の中で子株養生の成功板と呼んでいますw

(パナマさんもこの板出身w)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事