P.coronariumのミャンマー産が胞子を付けました。

遡ること約4年前、

横浜にあるエアロファイトさんで出会った子。

↓前記事。

 

そんな子がついに...

胞子を付けました。

↑写真中央で誰よりもデカく、

とんでもない存在感を発しているお方。

 

そう、P.coronarium(from Myanmar)でございます。

へにゃへにゃな形をしたスプーンを付けました。

4年目でついに...

板付当初の姿から比べて、

随分と立派になったものです。

↓2017.5

当時すのこ板を焼いて、

一生懸命仕立てた記憶があります。

ワイルド株ということで、

その命に感謝し、

コロナリウムというビカクシダを、

どう育てていけば良いのか。

 

それを教えてくれた大切なビカクシダです。

これから更に長く立派な胞子葉を出してくれることでしょう。

ドキドキワクワクが止まらない反面、

いよいよ室内サイズではない...w

と頭を抱える毎日ございます。マジデ

 

きっと近いうちにテレビが見れないと苦情が来ることでしょう。

そして垂れ下がる胞子葉は、

例によって猫の遊び道具になってしまうかもしれません。(避けられない運命

 

しかしながら、

ミャンマーの山からやってきて、

日本の我が家で育ってくれて、

本当に感謝です。

これからも末永く共に生活できればと思います。

 

いつの日か、

この子を存分に育てられる環境を作りますので、

なにとぞ...

もうしばらくご辛抱下さい...

宜しくお願い致します...

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事