植物と一緒にお風呂に入ってますが何か?「植物同伴入浴論」

もはや私にとっては冬の風物詩。

「お風呂場に植物がある」状態。

植物育ててる人ならもう日常ですよね...?

そしてお風呂場で改めて植物を見ると、

新しい発見があったりするんですよ。

 

↓関連。

 

1.お風呂場に植物と入る訳。

何言ってんだお前!そんなの決まってんだろ!!

 

ええ、そうなんです。

もうこれ以外理由ないですよね。

何度もブログで書いていますし、

先日はyoutubeにそんなような動画を投稿したばかりですしね。

水遣りするためにだよ!!!!

 

分かり切った駄文にお付き合い頂きどうもありがとうございます。

しかしですね、

お風呂に一緒に入る理由は他にもありましてね、

ええ、

それもまあ分かり切ったことなのですが、

記事にしてみました。

 

2..水遣り以外にも意味のある「植物同伴入浴論」

「植物同伴入浴論」って何だよ...

っと思いつつもいきましょう。

この「植物同伴入浴論」ってね、

案外非常に大切な植物管理の一環だと思うんですよね。

 

2-1.身体(草体)洗ってさしあげて?

普段室内で植物を管理していると、

葉っぱに思いのほか埃が積もっているんですよ。

この埃って、

植物にとってもあまりいいものではないのは当然で、

葉っぱって常に呼吸していますからね。

その「葉の呼吸」を阻害してしまうのが「埃」なんですよ。

更に埃が積もれば「光合成」の邪魔にもなりますからね。

だからたまにはお風呂場で身体(草体)を綺麗に洗ってさしあげましょ?

葉を綺麗にしてあげると病害虫予防にもなりますし、

これは意外と大切な管理なのだと考えています。

 

2-2.身体(草体)の隅々まで観察出来るんですよ?

植物を管理する上で大切だと思うのは、

日頃からよく観察すること!

だと考えている私ですが、

やはり個体ごとに凝視出来るのは、

このお風呂場が一番適していると思うんですよね。

少なくとも私の管理環境ではお風呂場が一番です。

 

っというのも先日コロナリウムと同伴入浴した時に、

普段壁にかけていてわからない部分、

板の裏側を見たらあらびっくり。

子株いるじゃないですか...

こういう部分は普段見ることが出来ないですからね。

たまの水遣りでしっかりチェックしてあげたいところです。

↑案外こういうところに病害虫が付いていることも...

要チェックです。

 

3.まとめっというか感想。

っという感じで、

お風呂で水やりする訳について書いてみたんですけど、

なんでこんな記事を書いたのかといいますと、

コロナリウムがめっちゃカッコよく育ってたから...w

コロナの写真を載せたいがために「植物同伴入浴論」を書いてみた次第です...

やっぱりデカいのはいいな~...

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事