水挿し発根は無限の可能性。≪青ドラセナもこんなに育ちました。笑≫

どんな植物も育てているとかっこよくなってくるものです...

元々はブーケを作ってもらった時の飾りで付けてくれたただの葉っぱでした。

水に挿していたら発根し、

夏前に土に植えてあげたところ...

 

↓前記事。

 

1.青ドラセナの成長記録。

っということで私が買った花束から発根した青ドラセナ。

せっかく発根した強い生命力に感動し土に植えてあげたのは今年の5月の事。

夏は強い日を浴びても葉焼けすることなく元気にイキイキ育ちましたが、

秋の台風で一度倒れてしまいました。

 

しかしその後支柱を入れて立て直した現在の姿がこちら。

 

ずどーん!!

植え付けた時の姿がコチラ。

 

↓2019/5

僅か半年で50cm程伸びてくれましたw

生長早えです。

アガベ達と立ち並ぶ堂々たる姿。

まさかこの子があのブーケの飾りにつけられていたただの葉っぱだとは思えないでしょう...?

 

↓この周りに添えられている葉っぱでした。

 

1-1.斑が入ってきました。

そして近頃美しさに磨きがかかったようで、

新芽にしっかりとが入るようになりました。

普通に綺麗な観葉植物って感じですよねコレ!笑

こんなに綺麗な葉を付けてくれるなんてあまり期待をしていなかったので適当な鉢に植え付けてしまいました。

来年はもっとカッコよく仕立て直したいですねw

 

2.茎さえあれば水挿しで発根できる!

今回お花屋さんで買ったブーケについていた青ドラセナ。

たまたま水に挿していたら発根した訳ですが、

つまりドラセナは茎さえあれば水挿しで簡単に発根出来るということがわかりました。

ゴムの木や、サトイモ系の植物も水挿しで発根しますし、

水挿しそして水耕というのは植物を復活させるためには非常に良い方法ですね。

 

以前土中で発根失敗したアガベも。

生長点だけの状態のビカクシダも。

水に挿しておくだけで発根するなんて、

改めて水挿しの凄さを痛感致しました...笑

可能性は無限大です...

 

3.まとめっというか感想。

水挿しで発根させるときに、

メネデール希釈を使う時もありますが、

実はメネデールってどれ程効果があるものなのか実感出来たことがありません。

そのうち水挿しメネデール比較出来たらなと思います。

 

来春くらいにゴムの木で実験ですかね!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事