IKEA植物「リプサリス」のハンギングプランターが可愛い。

どうもこんにちは。

IKEAの回し者です。

先日もお休みの日にふらっとIKEAまで行って参りました。

度々IKEAに行っている私ですが、

実はIKEAで売っている植物はあまり買ったことがありません。

 

↓関連。

 

1.IKEA植物「リプサリス」を購入。

っということで本日のお持ち帰りは、

珍しくIKEA植物に惚れてしまいました「リプサリス」でございます。

リプサリスにも沢山の種類があり、

このIKEAリプサリスが果たしてどのリプサリスなのかはわかりません。

ミクランサとかその辺のリプサリスなのでしょう(適当)。

 

ちなみにIKEAには意外と沢山の植物があって、

どれも割と状態が良かったりするので初心者の人でも植物を始めやすいと思います。

ガジュマルやエバーフレッシュなど、

インテリア感覚で育てやすい植物が多いイメージです。

 

1-1.リプサリスとは。

その草姿からは想像しにくいですが、

リプサリスはサボテンの仲間です。

しかし着生サボテンや森林性サボテンとも言われ、

自生環境は湿度の高いじめっとしたところだと言われています。

しかしサボテンでもあるので乾燥にも非常に強く育てやすい植物。

 

葉っぱが長く垂れ下がる性質を持っているので、

ハンギングでインテリアされる方も非常に多い植物です。

 

1-2.IKEA植物専用ライトと併せて買うと◎。

植物育てたいけど日当たり悪いから...

っという問題もここIKEAならすぐ解決。

とりあえずこのライトも一緒に買っておきましょう。

 

かく言う私もこのLEDライトを沢山使って植物を育てております。

IKEAに売っている植物ならこのライトで十分に楽しめると思います。

さすがIKEA。

完全に私はあなたの虜です。

 

2.ハンギングプランターが可愛い。

実はこのリプサリスを買ったのには、

このプランターいいなぁ...

っと思った所為もあります。

 

白と黒でシンプルな鉢でしてね、

これがリプサリスとセットで購入できるのならお得かなと思っちゃいました。

 

っというのも先日私はハンギングプランター(もどき)をDIYしていました。

 

そこで気が付きました。

やはり自分でハンギングプランターを作るというのは、

なかなかセンスが要ります。

これならもう買っちゃった方がいいなっとも思いました。

私のセンスのなさを痛感しましたよ、ハイ。

 

ところがどうでしょう。

このIKEAリプサリスが入ったプランター。

他の植物やインテリアとも一切喧嘩することなく、

初めからここにあったかのように馴染んでくれるではありませんか。

 

鉢が吊ってあるっていいなー。

これでリプサリス自体がぐいぐい生長してくれれば言うことありません。

 

3.IKEAで植物を購入したらすること。

これはIKEAに限ったことではありませんが、

外から植物を購入した時はカイガラムシ等の害虫が付いていないかチェックしましょう。

コナカイガラムシ等が付いていたら他の植物にすぐに飛散してしまうので大変な事態となります。

 

ベニカスプレーや、オルトラン等を適宜に散布してあげた方が、

安全に他の植物と一緒に管理することが出来ます。

 

100均等で植物をお迎えするときにも同様の注意を払いましょう。

 

カイガラムシ等は葉の裏や隙間に潜んでいるので、

簡単に目視するのは難しいこともありますのでくれぐれもご注意下さい。

 

4.まとめっというか感想。

このリプサリスは植え替えようかどうか検討中ですが、

このIKEAで購入した状態のまま、

どこまで生長させてあげられるかも気になるので当分はこのまま管理するつもりです。

ちなみにリプサリスは他に1種類育てていますが、

管理も楽な上にインテリアとしても飾りやすいのでとても好きな植物です。

冬場は月に1回程度の水遣りと、

春から秋はほとんど外に出しっぱなしで適当な水遣りで十分に育ってくれます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事