リドレイの胞子培養板付から約1カ月後。

気が付けばこの子の胞子培養を始めてから...

どんだけたったっけ?

もはやスタート時の記憶等ございませぬ...

いやでも振り返りましょう...

胞子培養という長い記録を...

 

↓前記事。

 

1.板付胞子培養(極小)リドレイの1カ月後。

っということで、

本日は先月板付にした胞子培養(極小)リドレイの1カ月後になります。

1カ月早いなあ...

早速比較してみたいと思います。

まずは板付時の姿がこちら。

↓2020.6

そして1カ月をICU内で過ごした現在の姿がこちら。

↓2020.7

!?

とても大きくなったね!?

まさかまさか、

いじけることなく僅か1カ月で随分と大きくなってくれました。

早すぎる板付でしたが、

ひとまず枯れることはなさそうなので何よりです。

 

1-1.ポット苗と比較。

ちなみに今現在生き残っている胞子培養株は、

板付の子を含めると計3株。

スクナッ!!w

左:水苔の上におもむろにピートを敷いた子。

右:水苔植え。

 

ポット植えの子と比べると...

あんまり(成長速度)変わらない?

しかしながら板付の子よりも、

ポット状態のままの方が葉の広がり方が綺麗です。笑

小さすぎるときはまだポットの方が形が整うのか...?

今後の動きも注視していきたいと思います。

 

2.胞子培養を開始してから〇日目。

ちなみにですが、

私がこの子らを播種したのは、

↓2018年6月22日のこと。

初めての胞子から...

そしてこの記事の写真を撮り記事にしている今日(執筆日)は、

2020年7月12日...

 

つまり...

751日目!!笑

2年と20日目!!爆笑

他の胞子培養をしている方の日数と状態を見ると、

現在のこの子たち...

チッサッ!笑

 

数も少なく、

そして非常に小さいですが、

なんとか形になってきましたので、

立派なリドレイさんになってくれるよう見守りたいと思います。。。

ダウボーイとの交雑かもしれないけど...wwwwww

 

3.まとめっというか感想。

胞子培養ってすごく時間がかかるけど、

時間がかかった分形になってくるとすごく嬉しいですね。

これからは他の種類の子たちの胞子も撒けそうなので、

胞子が取れ次第ガンガン撒いていきたいと思います。

胞子培養スペース拡大しないと...ww

私の栽培容量とスペースはすでにパンクしていますが、

やれるだけやってやるぜ!

当たって砕けろ!っという気持ちで茶色い粉を撒いてみます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事